「落ち着きのない人」の仕事が実は効率的なワケ

効率を追求しても結局仕事が捗らない理由

先日、『集中力はいらない』という本にも書いたことだが、集中力が求められる仕事は、機械のように正確に同じことを繰り返すような作業だったのである。そのような方面では、人間は機械に太刀打ちできない。そもそも人間がするような仕事ではなかったということだ。逆に、創作的な作業では、むしろきょろきょろと辺りを見回す「落ち着きのない」思考が大事で、発想はこういった状態から生まれやすい。

だから前回記事でも触れたように「片づける必要はない」という話になるし、そもそも創作的な仕事をしている達人の仕事場は、既にそうなっているはずである。散らかっている方が効率が良いことを、経験的に知っているから、自然にそうなっている。整理・整頓して効率を高めよう、などと考えることがない。そういう概念さえないかもしれない。

例として、庭園の話をしよう。枯山水の庭園をご存じだと思う。自然を表現しているものだが、非常に人工的で、シンプルに再現された傑作である。あれは極めて整っていて、秩序を感じさせる。手入れや維持は大変だろう。しかし、本質を追究した結果見えてくる世界観かもしれない。これは、整理・整頓され、精神を集中して得られるもののように感じられる。

一方、最近人気が出てきたイングリッシュガーデンは、一見雑然としている。雑草が生えているように見える。自然に近い状況を活かしている景観だ。

もちろん、人によって好みがあるから、同じイングリッシュガーデンでも、まるで違うものが存在する。つまりは、少しずつ人が手を加え、修正を繰り返している自然といえるだろう。

イングリッシュガーデンは、「散らかっている」と見ることができる。少なくとも、枯山水よりは雑然としている。しかし、どちらが美しいか、となると、人によってそれぞれだ。枯山水の製作や維持には集中力が必要だが、イングリッシュガーデンでは、日々のちょっとした観察と、あれもこれもという目配りや、バランス感覚など、集中力ではない能力が要求されるだろう。

大事なことは方法論ではない

少し俯瞰すれば、文化の価値も多様化しているということだ。人の感覚は、それぞれで自由である。自分が思い描いたとおりのものを実現していくことが、すなわち自由であり、その人の人生の目的だ。他者と同じである必要は全然ない。

そんな多様化した時代に、昔ながらの整理術が役に立つだろうか?

もちろん、役立つ場合もあるけれど、それですべてが解決するわけではない。大雑把にいうと、整理・整頓をして、気持ちが少し良くなる、という効果は認められる。小学生のときに掃除当番をさせられたことを、懐かしく思い出すノスタルジィは得られるかもしれない。それも、悪くはないけれど、現在のあなたの人生の本質を変えるほどのパワーはないだろう。

『アンチ整理術』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

人は、どんな場所でも歩くことができる。走ることもできる。アスファルトの道路が走りやすいけれど、舗装されていない場所も歩ける。水の上は歩けないけれど、泳ぐことができる。どこへでも行くことができるのだ。

どうやって歩けば効率的か?どんな環境が歩きやすいのか?

歩き方を改善すれば、もっと速く歩けるはずだ。良い環境を整えれば、もっと楽しく歩くことができるだろう。そう考えて、歩き方や歩く場所の改善に頭を巡らすのが「方法論」である。

しかし、そうではない。大事なことは、あなたはどこへ向かって歩きたいのか、なのである。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナショックの大波紋
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。