不況で「たい焼き」がはやる理由、店と消費者のどちらもお手頃


 1909年に元祖たい焼き店「浪花家総本店」(東京・麻布十番)が創業してから100年。庶民のおやつ「たい焼き」の店舗が全国的に増えている。ブームの背景には不況の影響もありそうだ。

薄皮たい焼き店「たい夢」などを全国展開するオーバンは、今年度の店舗数を5割以上増やして400店超に拡大する計画。1店当たりの出店費用は300万~500万円で、10日間もあれば焼き方をマスターできる。この参入障壁の低さに惹かれ、「再就職先として、オーナーを志す人が増えている」(佐藤信男社長)。ラーメン店など異業態からの転身組もおり、1人で10店以上経営する人もいるという。同社では2カ月ごとに季節限定メニューを投入するなど、客を飽きさせないよう工夫を凝らしている。

一方、従来にないコンセプトで市場を席巻するのが「白いたいやき」。焼き色がつかない白い皮と、独特のもちもちした食感が特徴。材料を開発した鳥越製粉は「昨年1月の販売数量1000袋(1袋は20キログラム)から、今年は1万袋を軽く超える勢い」(総務部の安達松樹部長)と言う。すでに複数の全国チェーンで計500店舗以上が取り扱っている。

消費者にとっても100円前後でおなかが膨れるたい焼きは、寒い懐具合の強い味方。しだいに寒くなる中、ブームはますます過熱しそうだ。

(前田佳子 =週刊東洋経済)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。