“普通”になった国産ジェット機MRJ、大型受注でひとまず面目

“普通”になった国産ジェット機MRJ、大型受注でひとまず面目

「新たに100機が売れたことで、事業の信頼性が大きく高まった」。記者会見後も三菱航空機の江川豪雄社長は上機嫌だった。

同社は国産初の小型ジェット旅客機となる「MRJ(ミツビシ・リージョナル・ジェット)」の開発・生産のために設立された三菱重工業の子会社。

国費500億円を含めて1800億円にもなるMRJの開発費を回収するには、少なくとも350機の受注が必要とされる。これまで受注は全日本空輸からの25機だけだったが、米国の地域航空会社であるトランスステーツ・ホールディングスが海外勢で初めて100機の購入を表明し、弾みがついた格好だ。

10月2日の会見で、トランス社のリチャード・リーチ社長は「客室が広く、低騒音で(同種の機体に比べ)燃費が20%以上よい」ことを購入の決め手に挙げていた。三菱航空機は2006年から26年までに、世界で70席から99席の小型ジェットの需要が5000機あると見積もっている。

江川社長は「控えめに見ても3000機の需要があり、うち1000機はMRJで取りたい」と従来からの目標を改めて強調していた。

素材変更を決断

この新規受注に先立つ9月9日、三菱航空機はMRJの設計とスケジュールの見直しを発表。設計変更は客室の拡張、前方貨物室の廃止、主翼の材料変更の3点だ。これで、初号機納入は13年末から14年1~3月へ延期された。

中でも注目を集めたのは、主翼材料の変更だ。MRJの最大の特長の一つが、軽量化で燃費向上が期待できる炭素繊維複合材(CFRP)を主翼や尾翼に使うことだった。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT