“普通”になった国産ジェット機MRJ、大型受注でひとまず面目

“普通”になった国産ジェット機MRJ、大型受注でひとまず面目

「新たに100機が売れたことで、事業の信頼性が大きく高まった」。記者会見後も三菱航空機の江川豪雄社長は上機嫌だった。

同社は国産初の小型ジェット旅客機となる「MRJ(ミツビシ・リージョナル・ジェット)」の開発・生産のために設立された三菱重工業の子会社。

国費500億円を含めて1800億円にもなるMRJの開発費を回収するには、少なくとも350機の受注が必要とされる。これまで受注は全日本空輸からの25機だけだったが、米国の地域航空会社であるトランスステーツ・ホールディングスが海外勢で初めて100機の購入を表明し、弾みがついた格好だ。

10月2日の会見で、トランス社のリチャード・リーチ社長は「客室が広く、低騒音で(同種の機体に比べ)燃費が20%以上よい」ことを購入の決め手に挙げていた。三菱航空機は2006年から26年までに、世界で70席から99席の小型ジェットの需要が5000機あると見積もっている。

江川社長は「控えめに見ても3000機の需要があり、うち1000機はMRJで取りたい」と従来からの目標を改めて強調していた。

素材変更を決断

この新規受注に先立つ9月9日、三菱航空機はMRJの設計とスケジュールの見直しを発表。設計変更は客室の拡張、前方貨物室の廃止、主翼の材料変更の3点だ。これで、初号機納入は13年末から14年1~3月へ延期された。

中でも注目を集めたのは、主翼材料の変更だ。MRJの最大の特長の一つが、軽量化で燃費向上が期待できる炭素繊維複合材(CFRP)を主翼や尾翼に使うことだった。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。