“普通”になった国産ジェット機MRJ、大型受注でひとまず面目

拡大
縮小

CFRP加工は金属に比べて段違いに難しい。三菱重工ではこの素材を採用したボーイング「B787」の主翼を担当しており、大型機での経験はある。だが、ずっと小さいMRJでは難度が高すぎた。

航空機用CFRPは世界シェア約7割という日本企業のお家芸。主翼への採用は「日の丸ジェット」の独自性をアピールするうえで目玉だった。だが、新しい素材だけに、地域航空会社レベルでは整備体制も追いつかない。「売り」が思ったほど客先に歓迎されなかった可能性もある。

三菱航空機の宮川淳一常務は、「MRJの燃費改善要因のうち2分の1は新型エンジンによるもの。残りは空気力学設計の改善と、胴体の形状による空気抵抗軽減が半分ずつ」という。素材で軽量化を追求せずとも、燃費による差別化は十分期待できると判断したわけだ。

国家プロジェクトとしてさまざまな期待を背負うMRJだが、いわば市場の声を聞いた結果、“普通の飛行機”になったといえるだろう。

三菱重工業の業績予想、会社概要はこちら

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT