英国、ファーウェイに5Gへのアクセス許可へ

アメリカとの対立につながる懸念も?

10月27日、英サンデー・タイムズ紙によると、ジョンソン英首相は、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)に対し、第5世代(5G)移動通信システムネットワークへのアクセスを認める準備を進めている。写真はファーウェイのロゴ。上海で6月撮影(2019年 ロイター/Aly Song)

[27日 ロイター] - 英サンデー・タイムズ紙によると、ジョンソン英首相は、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)に対し、第5世代(5G)移動通信システムネットワークへのアクセスを認める準備を進めている。

同紙は政府関係者らの情報として、英国は5Gネットワークのうち、「議論を引き起こさない」部分へのアクセスを、ファーウェイに認める方向に向かっているとし、安全保障上の懸念から同社を禁輸措置の対象としている米国との対立につながる見通しだと指摘している。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラマな日常、日常にドラマ
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT