英国、ファーウェイに5Gへのアクセス許可へ

アメリカとの対立につながる懸念も?

10月27日、英サンデー・タイムズ紙によると、ジョンソン英首相は、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)に対し、第5世代(5G)移動通信システムネットワークへのアクセスを認める準備を進めている。写真はファーウェイのロゴ。上海で6月撮影(2019年 ロイター/Aly Song)

[27日 ロイター] - 英サンデー・タイムズ紙によると、ジョンソン英首相は、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)に対し、第5世代(5G)移動通信システムネットワークへのアクセスを認める準備を進めている。

同紙は政府関係者らの情報として、英国は5Gネットワークのうち、「議論を引き起こさない」部分へのアクセスを、ファーウェイに認める方向に向かっているとし、安全保障上の懸念から同社を禁輸措置の対象としている米国との対立につながる見通しだと指摘している。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 地方創生のリアル
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大赤字のソフトバンクグループ<br>それでも強気を貫く根拠

収益に大きな貢献を続けてきたファンド事業がグループの決算に大穴を開けた。事態急変でも孫社長は「反省はするが萎縮はしない」。強気の理由は何か。いずれにせよ焦点は上場申請を取り下げた米ウィーの再建だが、長丁場になりそうだ。