英国、ファーウェイに5Gへのアクセス許可へ

アメリカとの対立につながる懸念も?

10月27日、英サンデー・タイムズ紙によると、ジョンソン英首相は、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)に対し、第5世代(5G)移動通信システムネットワークへのアクセスを認める準備を進めている。写真はファーウェイのロゴ。上海で6月撮影(2019年 ロイター/Aly Song)

[27日 ロイター] - 英サンデー・タイムズ紙によると、ジョンソン英首相は、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)に対し、第5世代(5G)移動通信システムネットワークへのアクセスを認める準備を進めている。

同紙は政府関係者らの情報として、英国は5Gネットワークのうち、「議論を引き起こさない」部分へのアクセスを、ファーウェイに認める方向に向かっているとし、安全保障上の懸念から同社を禁輸措置の対象としている米国との対立につながる見通しだと指摘している。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • コロナショックの大波紋
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。