米国初のビットコインATM、今月開設へ

今月中にシアトルとテキサス州オースティンで

2月18日、米企業のロボコインは18日、米国で初となる仮想通貨ビットコイン対応現金自動預払機(ATM)を、今月中にシアトルとテキサス州オースティンで開設すると発表した。米ユタ州で1月撮影(2014年 ロイター/Jim Urquhart)

[18日 ロイター] -米企業のロボコインは18日、米国で初となる仮想通貨ビットコイン対応現金自動預払機(ATM)を、今月中にシアトルとテキサス州オースティンで開設すると発表した。

ビットコインATMは通常の銀行ATMと類似しているが、運転免許証やパスポートなどの公式身分証明書を確認するためのスキャナーを備えている。

ATMの利用者は、ビットコインを換金するだけでなく、現金を入れてビットコインを買い増すことができる。

ビットコインは2008年に誕生し、インターネット上で流通している。企業や政府などいかなる機関の支配も受けず、裏付けとなる資産を持たない。

ラスベガスに本社を置くロボコインは昨秋、初のビットコイン用ATMをカナダのバンクーバーで開設した。今月中にカルガリーでもATMの稼働を計画している。今後は、アジアや欧州での設置も考えている。

ビットコインの価格は現在、636ドル前後だが、知名度の高まりとともに価格が大きく動いている。昨年の9月には150ドル近辺だったが、12月下旬には1000ドル近くまで上昇していた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。