米国初のビットコインATM、今月開設へ

今月中にシアトルとテキサス州オースティンで

2月18日、米企業のロボコインは18日、米国で初となる仮想通貨ビットコイン対応現金自動預払機(ATM)を、今月中にシアトルとテキサス州オースティンで開設すると発表した。米ユタ州で1月撮影(2014年 ロイター/Jim Urquhart)

[18日 ロイター] -米企業のロボコインは18日、米国で初となる仮想通貨ビットコイン対応現金自動預払機(ATM)を、今月中にシアトルとテキサス州オースティンで開設すると発表した。

ビットコインATMは通常の銀行ATMと類似しているが、運転免許証やパスポートなどの公式身分証明書を確認するためのスキャナーを備えている。

ATMの利用者は、ビットコインを換金するだけでなく、現金を入れてビットコインを買い増すことができる。

ビットコインは2008年に誕生し、インターネット上で流通している。企業や政府などいかなる機関の支配も受けず、裏付けとなる資産を持たない。

ラスベガスに本社を置くロボコインは昨秋、初のビットコイン用ATMをカナダのバンクーバーで開設した。今月中にカルガリーでもATMの稼働を計画している。今後は、アジアや欧州での設置も考えている。

ビットコインの価格は現在、636ドル前後だが、知名度の高まりとともに価格が大きく動いている。昨年の9月には150ドル近辺だったが、12月下旬には1000ドル近くまで上昇していた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • トクを積む習慣
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
船・港――海の経済学<br>ニッポンの生命線が危ない

環境規制の強化によって、日本の海運会社は大きな投資を迫られています。中韓に敗れた日本の造船業界はさらなる再編が不可避に。日本の港湾の競争力低下も止まりません。「海をめぐるグローバル競争」の最前線を掘り下げます。