「効率ばかり言う人」が結局、成功しない3大理由

「無駄」省きすぎで「チャンス」も失ってない?

2つ目の理由は、仕事の成果というのは、そもそも「自分に」「すぐにその場に」表れるとは限らないということだ。

ある程度の「時間軸」で見ることが大事

仕事の成果は、すぐにその場には表れない

とかく「効率」を重視する人ほど、「コスパ」を気にすることが多い

「コスパ」とは、コストパフォーマンス、費用対効果。費用がどれだけ効率よくパフォーマンスに生かされているかという点では、要するに、ある種の効率だ。

買い物や食事に「コスパ」を考えるのはいいとしても、「あの人と付き合うのは『コスパ』が悪い」などと「仕事や人間関係」にまで「コスパ」を持ち込むのはいかがなものか

確かに、コストには「お金」だけでなく「労力」や「能力」「時間」も含まれるから、リターンはできるだけ早いほうがコスパはいいことになる。

でも、とくに若い人ほど、仕事で学ぶことの多くは「すぐには成果の出ない」ものだ。あなたがいくら勉強しても、投資しても、それが仕事の成果として表れるには時間がかかる。

人間関係でも、「これは行っても意味がないだろうな」と思った勉強会やパーティーで、新しい著者候補の人や、後々まで付き合える人に出会えることも多い。

そもそもどんな仕事でも、成果は「自分に」「すぐにその場に」表れるとは限らない。あなたがコツコツと仕込んできたことが、あなたがその部署にいるときには成果となっては表れず、後任の人の成果となって表れることも珍しくない。

仕事の成果は、「すぐにその場」には表れないと思っておいたほうがいい。仕事の成果は「全体」に表れる。「他の誰か」に表れるかもしれない。

そうは言っても、仕事とは、そんなものではないか。今、あなたが「誰かのおかげ」で、その仕事の成果を出せているように。

でも、「リターン」は必ずある。今すぐ、ここには返ってこないかもしれないけれど、ある程度の時間軸で見れば、必ず

コスパ、コスパと、目先の効率だけを追い求め、できるだけスマートに働こうとすることは、「仕事を楽しむ」のみならず「成長する」という目的からも離れる一方なのだ。

次ページ「無駄」を省くと「チャンス」も失う?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナショック、企業の針路
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
なぜ取締役会に出席しない?<br>会社側の苦しい「言い訳」

役員会に出席せず改善の兆しがない取締役は、機関投資家や議決権行使助言会社から厳しい目を向けられています。株主総会招集通知から、取締役・社外監査役の取締役会出席率を独自集計し、欠席の多い人のランキングを作成しました。安易な選任の実態は?