「ジョーカー」大ヒットまでの苦難多き道のり

当初、映画会社からは「狂ったアイデア」扱い

だが、それ以前から、予告編やポスターに、これがシリアスな映画であるとのメッセージを含ませる努力もしていた。「予告編を見て、こういう映画だろうと思っていたら、実際には全然違う映画だったというのが、僕は大嫌いでね」というフィリップスは、公開の1年前に出した短いティーザー予告編について、「これは2時間の映画をそのまま30秒に収めた感じだろう?」と自信たっぷりに語っている。

「空を飛んだり、派手な爆発があったりする映画だと思って、これを見にきてほしくない。ガッカリさせるのを防ぐためにも、どんな映画なのかを事前に伝えておきたい」という彼の意図は、あの予告編から、確かに伝わってくる。

それらがすべて功を奏し、「今、最も注目を集める映画」となった今作は、この後もまだ伸びが期待できるだけでなく、アワードシーズンの行方によっては、かなり息の長い作品になりそうな気配だ。2019年はスーパーヒーロー映画として初めて『ブラックパンサー』が作品部門に候補入りしたこともあり、今作も2020年のアカデミー賞で同部門に食い込めるチャンスは、十分ありそうである。

主演俳優「アカデミー賞受賞」は手堅い

少なくとも、ホアキン・フェニックスの主演男優部門候補入りは、かなり手堅い。過激なバイオレンスのせいもあり、作品自体へは多少批判的な声も聞かれるのだが、ことフェニックスの演技に関しては、誰もが口をそろえて絶賛しているのだ。

フェニックスは、過去にも2度アカデミー賞に候補入りしている実力派。この役のために20kg以上減量したというのも、後押し材料になりそうである。もちろん、強力なライバルを抑えるためには、効果的かつ大々的なキャンペーンが重要だ。映画をヒットに持ち込んだこの人たちは、そこへどんなアプローチをもって挑むのだろうか。次の動きにも注目したいところである。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ブックス・レビュー
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 地方創生のリアル
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
NHKの正体<br>膨張する公共放送を総点検

受信料収入が5年連続で過去最高を更新し、ネット常時同時配信への進出を見込むなど肥大化が進むNHK。一方でガバナンスに問題を抱えており、公共放送としての存在意義が問われている。事業体としてのNHKの全貌を総点検した。