アマゾンで「売れているビジネス書」ランキング

先週に引き続き「ヤバい集中力」が1位を獲得

読書の秋、到来!いま読まれている「ビジネス・経済書」は?(画像:Pangaea/PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本記事でお届けするのは、9月29日~10月5日のランキングだ。

なお、「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍については「NEW」と記載、前週順位が1000位以下だった場合には「-」と記載している。

『ヤバい集中力』が2週連続で1位を獲得

今週(9月29日~10月5日)のランキングでは、『ヤバい集中力 1日ブッ通しでアタマが冴えわたる神ライフハック45』(鈴木祐著、SBクリエイティブ)が2週連続で1位にランクインした。特別な要因は見られなかったという。

『ヤバい集中力』(書影をクリックすると、アマゾンのページにジャンプします)

2位には、前週3位だった『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0』(トム・ラス著、日本経済新聞出版社)がランクインした。こちらも安定して人気を保っているという。

3位には、前週8位だった『ハートドリブン 目に見えないものを大切にする力』(塩田元規著、幻冬舎)がランクインした。発売日に注文が集まったことが影響したもようだという。

前週141位から一気に4位にアップしたのが『日本人の勝算: 人口減少×高齢化×資本主義』(デービッド・アトキンソン著、東洋経済新報社)だ。東洋経済オンラインの記事(この法律が日本を「生産性が低すぎる国」にした)の影響で、注目が集まったという。

次ページ以降、199位までの200冊ランキングを紹介する。「次に読む1冊」を探すための参考にしてほしい。

次ページまずは1位~50位!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT