幼児が無料で座る、混雑時「自由席」のジレンマ

料金を払った大人が座れないこともある

乳幼児の自由席利用は、混雑時には悩ましい問題となる(写真:Halfpoint/PIXTA)

家族連れでJRを使って出かける場合、運賃や特急料金はどうなっているのだろうか。子どもは大人の半額、幼児は無料ということは知っている人が多いだろう。

JRが旅客営業規則で定める区分は以下のとおりだ。

「おとな」と「こども」の区分
おとな :12歳以上(12歳でも小学生はこども)
こども :6歳~12歳未満(6歳でも小学校入学前は幼児)
幼 児 :1歳~6歳未満
乳 児 :1歳未満

では、子どもの乗車券(運賃)や特急料金などはどうなっているのか。

●こどもの乗車券、特急券、急行券、指定席券はおとなの半額(5円の端数は切り捨て。ただし、半額とならない場合がある)
●グリーン券、グランクラス、寝台券、乗車整理券、ライナー券は「おとな」と同額
●おとな1人とこども1人で、またはこども2人で1つの寝台が利用できる

幼児、乳児はどうなっているか。

●幼児、乳児は無料。ただし、次の場合はこどもの運賃・料金が必要
・おとなまたはこども1人に同伴される幼児の人数が2人を超える場合(3人目から「こども」の運賃・料金が必要)
・幼児、乳児が1人で指定席、グリーン席(自由席グリーン車を除く)、寝台等を利用する場合
・幼児が単独で旅行する場合

幼児の自由席利用は無料

大人が幼児を連れて旅行する場合を考えてみよう。特急の指定席を利用する場合、幼児を膝の上に乗せるなどすれば、幼児は運賃、特急料金とも無料だ。もし、幼児に1席確保したければ、大人の半額の子どもの運賃・料金を支払うことになる。グリーン車やグランクラスで幼児に1席確保したい場合は、グリーン料金やグランクラスに子ども料金はないので、大人と同額を支払うことになる。

では自由席ではどうか。大人の膝の上に幼児を乗せるなどしていれば、やはり無料だが、1席利用したらどうなるのか。上記のルールからすれば、やはり無料だ。

次ページ問題は混雑時だ
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。