現役車両も登場…京都鉄博「攻める展示」の裏側

引き込み線を活用した企画や「車体色変更」も

「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」が京都鉄道博物館に入る歴史的なひとコマ(筆者撮影)

京都鉄道博物館で現在行われている企画が、鉄道ファンの間で話題となっている。「あなたはどっち系?ゴーパー?ヨンパー?」と名付けられたこの企画は、同館で展示されている「クハ489形」か「クハネ581形」のうち投票で“勝利”した1両を、期間限定でラッピングによりカラーリング変更するというものだ。全国にはさまざまな鉄道博物館があるが、こうした企画は極めて珍しい。

投票結果で展示車両を“衣替え”

「現在、『列車愛称進化論~名前から見る鉄道~』という企画展を開催しているのですが、それに連動させる形で考えついたのが、今回の企画です」と、その発案者であるJR西日本広報部鉄道文化推進室の主原靖麻(しゅはら・やすま)さんが教えてくれた。

ご注文はどっち? カラー変更する車両を人気投票により決める(筆者撮影)

この企画展では、約200種類のヘッドマークなどを紹介。一部は実物を展示するのだが、「よりインパクトを与える形で展示するにはどうすればよいか」と考える中で、そのヘッドマークが取り付けられていた車両を再現しようと思ったのだという。

現在、クハ489形とクハネ581形はいずれも「国鉄色」と呼ばれる製造当初のカラーになっているが、前者は1989年に登場した「白山色」、後者は1992年に登場した「シュプール&リゾート色」に変更する。ただし、前述のとおり変更されるのはどちらか1両のみ。主原さんは「投票という形をとることで、多くの方と一緒に盛り上げたいという思いがあります」と狙いを明かす。

次ページ「白山色」vs「シュプール&リゾート色」
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 溺愛されるのにはワケがある
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。