人気の「紀ノ国屋ジッパーバッグ」意外な用途

高級スーパーを支えるグッズ戦略

人気に火が付いた理由の1つはジッパーバッグには珍しい長方形なことに加え、サイズ展開が豊富なことにある。紀ノ国屋は当初、例えば小さいサイズは小型の野菜や果物、大きめのサイズはパスタやそうめんなど食品を収納することを意図して商品開発を行ったが、フタを開けてみたところ、実にさまざまな用途で使われていることがわかった。

実際、ネットやインスタグラムなどでは、バッグの大きさに応じて化粧品、薬、文房具、パソコン周りのアイテム、折り畳み傘、マスク、お金など、さまざまなモノを収納している様子がうかがえる。前述のとおり、マチがついているため、冷蔵庫や食器棚などに立てて収納できるのも重宝されているようだ。

食品だけでなく、化粧品や文房具、薬などさまざまなモノを収納するのに利用されている(撮影:今井康一)

サイズによってジッパーの色が違ったり、ロゴが入っているという「ちょっとしたオシャレ感」も利用者の心をくすぐるポイント。加えて、「高級スーパーの商品」にもかかわらず、1パック152円(サイズによって入っている枚数は異なる)という値頃感もウケているようだ。

口コミでじわじわときている

「単価が安いので手に取りやすいのと、自分がいいと思ったものをSNSで共有したい、という欲求がうまく重なってヒットになったのでは。 1袋買ってお裾分けしたり、友達にもらったのがきっかけで買ってくれるようになった方もいるようです。口コミでじわじわときています」と、同社営業本部商品部でグッズを担当している古山瑛理子氏は話す。

とはいえ、紀ノ国屋もジッパーバッグが売れるのをただ見守っていたわけではない。初速で手応えを得たこともあって、例えば実店舗が周年を迎える際などに、ジッパーバッグのサイズ違いの「お試しセット」を、2000円以上の買い物客にプレゼントをするなどしてきた。これを手にした客が、その後リピーターになるケースも少なくないという。

5種類のサイズのジッパーバッグが入ったお試しセット(撮影:今井康一)

そもそもスーパー紀ノ国屋といえばオリジナルグッズに強く、ファンが多いことでも知られている。有名なのは紀ノ国屋のロゴの入ったオリジナルバッグで、誕生したのはなんと今から24年前の1995年 。

発売当初は2種類しかなかったが、お客さんから「自転車のカゴに入りやすいものが欲しい」という声が上がったかと思うと、2年後には“サイクルショッピングバッグ”として商品化。その後も、時代とともに種類が増え続け、新店舗の開店やリニューアルのたびに限定バッグが登場、現在は色違いも含めると60種類ほどのラインナップに上っている。

オリジナルバッグの販売数は絶頂期に比べると10分の1ほどになったというが、それでも一定数のファンは健在する。羽田空港の国内線ターミナル店では“お土産需要”のためにバッグの売り上げはつねにトップで、昔は九州で紀ノ国屋のバッグを持って歩いていると、「どうしても欲しいから、ここで売ってくれ」と言われた人もいたとか。

次ページ11月には新業態も
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 忘れえぬ「食い物の恨み」の話
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT