速読派は得られない「豊かな読書」という体験

読書の質を上げる「スロー・リーディング」

もちろん、単にゆっくり読めばいいというものでもない。最初に書いたとおり、どんなことでもそうだが、読書にもやはりコツがある。決して難しいことではないが、そのコツさえ知っていれば、読書はもっと楽しく、もっと有意義で、それを知らずにガムシャラに文字を追うよりも、はるかに多くのことを教えてくれ、人間的にも成長させてくれるだろう。

「スロー・リーディング」とは、差がつく読書術だ。その「差」とは、速さや量ではなく、「質」である。特別な訓練など何もいらない。ただくつろいで、好きな本を読むときに、ほんの少し気をつけておけば、それだけで、内容の理解がグンと増すようないくつかの秘訣がある。

「本当の読書」とは何なのか

社会はますます、そのスピードを速めつつある。だから本も速く読まねばというのではなく、だからこそ、本くらいはゆっくり、時間をかけて読みたいものだ。そうして、慌ただしい日々の生活の中に、自分自身で作るゆったりとした読書の時間は、どんなにささやかであっても、かけがえのない人生のゆとりだろう。

『本の読み方』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトへジャンプします)

スロー・フードが提唱されてすでに久しいが、食という原始的な欲求が豊かに満たされるべきであるならば、読書という知的な欲求もまた、同様の豊かさで満たされるべきだ。

反「速読」という意味での「遅読」という発想は、山村修氏の手柄だが(『遅読のすすめ』新潮社刊)、本書では、スロー・ライフのような昨今のライフスタイルの見直しの流れの中で、読書にもしかるべきポジションを与えたいという意図から、あえて同系の「スロー・リーディング」という言葉を用いることにした。

本当の読書は、単に表面的な知識で人を飾り立てるのではなく、内面から人を変え、思慮深さと賢明さとをもたらし、人間性に深みを与えるものである。そして何よりも、ゆっくり時間をかけさえすれば、読書は楽しい。私が伝えたいことは、これに尽きると言っていい。

やみくもに活字を追うだけの貧しい読書から、味わい、考え、深く感じる豊かな読書へ。きっと新しい読書体験があなたを待っているはずだ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT