速読派は得られない「豊かな読書」という体験

読書の質を上げる「スロー・リーディング」

もちろん、単にゆっくり読めばいいというものでもない。最初に書いたとおり、どんなことでもそうだが、読書にもやはりコツがある。決して難しいことではないが、そのコツさえ知っていれば、読書はもっと楽しく、もっと有意義で、それを知らずにガムシャラに文字を追うよりも、はるかに多くのことを教えてくれ、人間的にも成長させてくれるだろう。

「スロー・リーディング」とは、差がつく読書術だ。その「差」とは、速さや量ではなく、「質」である。特別な訓練など何もいらない。ただくつろいで、好きな本を読むときに、ほんの少し気をつけておけば、それだけで、内容の理解がグンと増すようないくつかの秘訣がある。

「本当の読書」とは何なのか

社会はますます、そのスピードを速めつつある。だから本も速く読まねばというのではなく、だからこそ、本くらいはゆっくり、時間をかけて読みたいものだ。そうして、慌ただしい日々の生活の中に、自分自身で作るゆったりとした読書の時間は、どんなにささやかであっても、かけがえのない人生のゆとりだろう。

『本の読み方』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトへジャンプします)

スロー・フードが提唱されてすでに久しいが、食という原始的な欲求が豊かに満たされるべきであるならば、読書という知的な欲求もまた、同様の豊かさで満たされるべきだ。

反「速読」という意味での「遅読」という発想は、山村修氏の手柄だが(『遅読のすすめ』新潮社刊)、本書では、スロー・ライフのような昨今のライフスタイルの見直しの流れの中で、読書にもしかるべきポジションを与えたいという意図から、あえて同系の「スロー・リーディング」という言葉を用いることにした。

本当の読書は、単に表面的な知識で人を飾り立てるのではなく、内面から人を変え、思慮深さと賢明さとをもたらし、人間性に深みを与えるものである。そして何よりも、ゆっくり時間をかけさえすれば、読書は楽しい。私が伝えたいことは、これに尽きると言っていい。

やみくもに活字を追うだけの貧しい読書から、味わい、考え、深く感じる豊かな読書へ。きっと新しい読書体験があなたを待っているはずだ。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
  • ドラの視点
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。