美味さ倍増!料理と酒の「最高の組み合わせ方」

“食中酒"をもっともっと楽しむ技術

料理とお酒をより楽しめる「黄金のルール」とは?(写真:motoko/PIXTA)

カジュアルな焼酎から神々しい高級ワインまで、お酒はそれぞれに異なる魅力があります。お酒それ自体がおいしいものですが、「食べ物のおいしさに気づかせてくれる」という実力も持っています。お料理にぴったりのお酒を合わせることで、そのおいしさが何倍、何十倍にも膨らみます。

しかし、日本ではつい最近まで、お酒と料理の組み合わせについてはどこか無頓着でした。日本酒にしても焼酎にしても、「この料理にはこのお酒を合わせよう」という概念がなかった。お酒と食が結びついていなかったのです。

欧米と日本では食事とお酒の捉え方が違う

欧米などでは、料理に合わせてお酒をチョイスする“食中酒“の文化が、昔から根付いていますが、なぜ日本ではその概念が生まれなかったのか。これには、いくつかの原因が考えられます。

第一に、さまざまな料理がずらりと食卓に並ぶ家庭料理や、少量ずつたくさんの料理が登場する懐石料理といった、日本ならではの食形態がその理由の1つ。例えば、茶懐石。これは、ずらりと並ぶ“当て”でお酒自体を堪能するシステムで、飲んだ後に食事(ご飯)、お菓子とお茶をいただく形式になっています。これらに、あれこれ違うお酒を合わせるのはどうにも無理があります。

一方、1つの料理をある程度の量、しっかり食べる欧米の食形態では、「前菜のカキにはシャンパンを」「鶏肉のワイン煮込みにはブルゴーニュの赤を」などと1つの皿に1つのワインを合わせやすいのです。こうして欧米と日本で、食事における酒の捉え方が違ってきたのです。

また、第二に、日本人が「お酒の楽しみ=酔っ払うこと」という点を重視してきたことも大きいでしょう。食事のメインはお酒であり、お酒の邪魔をしないものであれば、もしくは、お酒をおいしくしてくれるなら、料理はなんでもいい――。そう考える人も少なからずいたと言って過言でありません。また、逆に料理をメインにするときには、いわゆる水のごとく癖のない、口を洗い流してくれるようなお酒が求められました。

しかし、最近では、「お酒×料理」の概念も様変わりしました。「料理とワインの妙を味わう」といった“食中酒”の発想が広がり、日本酒にも焼酎にもその発想が取り入れられてきました。

また、日本は和食以外にも、さまざまな料理を日常的に楽しめる世界でもまれな国。今後よりいっそう「料理×お酒」の組み合わせの妙を、多くの人が日常的に楽しむようになるはずです。

次ページ「料理とお酒の好相性」のルール
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 財新
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ヤマダと組んで赤字脱出なるか<br>崖っぷち大塚家具 “最後”の闘い

昨年末に大塚家具を子会社化したヤマダ電機の大型店で、提携の具体策となる家電と家具のセット販売が始まりました。ただ、ヤマダの業績も振るわず、大塚は自社を立て直す“パーツ”にすぎません。大塚家具ブランドの存在意義さえ危うく、今後1年が正念場です。