京急「快特」が衝突脱線、踏切は安全だったか

数は減ったが、鉄道側の対策には限界も

国土交通省の「踏切安全通行カルテ」によると、事故が起きた神奈川新町第1踏切は4本の線路と横浜市道が交差し、長さは19.4m。ピーク時の遮断時間は48分で「開かずの踏切」に区分されている。同カルテの作成時点では、過去5年間の事故発生件数は0件だ。

京急の踏切数は、2019年度の安全報告書によると全線87kmに86カ所で、関東の大手私鉄の中でも少ない。とくに都内の本線は立体交差化が進み、品川付近に残るのみだ。ただ、今回事故が起きた京急川崎―横浜間は踏切が比較的多い区間で、列車のスピードも速い。

安全対策には限界も

踏切の安全対策は長年の課題だ。国は1961年に「踏切道改良促進法」を制定し、踏切の改良や安全対策を進めてきた。1960年に全国で7万カ所以上あった踏切は、2017年度には3万3250カ所まで減少。踏切事故の件数も同期間に年間約5500件から248件まで減ったが、現在も1日に1件近く発生している。

踏切は神奈川新町駅のホーム近くで、画面奥が横浜方面。脱線した電車の後尾はホームにかかった状態だった(記者撮影)

鉄道各社も安全対策を進めている。京急はすべての踏切に警報機と遮断機を整備済みで、車の立ち往生などを検知する装置も63カ所に設置。車が通行する踏切には事故の際に列車の脱線を防ぐガードレールを設けている。また、衝突や脱線の際に先頭が重い方が安全性が高いとして、電車の先頭車両を重量のあるモーター付きとしているのも特徴だ。

だが、踏切で車や人が動けなくなった場合、列車が近づいていれば間に合わない。鉄道側の対策には限界があるのも事実だ。

京急は「乗客にけが人が出るような事故はこのところ起きていなかった」と説明する。各社は、鉄道イベントで「非常ボタン」を押す体験ができるコーナーを設けるなど、踏切での安全意識向上を訴えている。踏切の数を減らすことが簡単には進まない中、こうした地道な取り組みを続けていくしかできないのが現状だ。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT