「究極の仮眠室」で鉄道の安全性は向上するか

ブレーキ判断からおつりの計算まで効果大?

良質な睡眠によって判断力や集中力が高まるというが…(写真:blackie0335 / PIXTA)

昨年、旅客自動車運送事業運輸規則、貨物自動車運送事業輸送安全規則の一部が改正されたことで輸送業界が揺れている。というのは、疾病、疲労、飲酒などに加えて、睡眠不足の運転手も乗務が禁じられたからだ。

言い換えれば、ドライバーの睡眠に対する関心が、かつてないほど盛り上がっていることになる。睡眠に関わる企業にとっては、睡眠の大切さを伝える絶好のチャンスだ。

よい空気が質の高い睡眠の確保につながる

銚子電気鉄道×究極の寝室……。ひょっとしたら、こんなロゴが入った軽トラックをあちらこちらで見かけるようになるかもしれない。

東洋経済オンライン「鉄道最前線」は、鉄道にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

荷台に寝室を設置したこのトラックは、千葉県松戸市の戸建て住宅メーカー・早稲田ハウスが開発した「究極の寝室体験カー」。自分で「究極の寝室」を造れる6畳用DIYキット発売の記者発表会で併せて紹介された。

同社は「寝室が変われば人生が変わる」をコンセプトに、寝室にこだわる家づくりをしている。

よい寝室とは質が高い眠りを得られる部屋。同社では、そのポイントは空気にあると考えている。そこで、よい空気をつくるために、寝室の材料にこだわっているわけだ。具体的には珪藻土、オビ杉、赤松木炭など、湿度の調整機能やマイナスイオン効果、消臭効果などを持つ日本の伝統的な材料を使っている。いずれの材料も、選りすぐりの生産者の手によるものだという。

こうした素材で天井や壁や床を造ることで、寝室はよい空気で満たされ、ぐっすり眠れるという理屈だ。このような寝室をクルマの荷台に再現したのが「究極の寝室体験カー」。「よい空気ができる」と口で言ってもたいした説得力はないし、ショールームをつくっても、千葉まで足を運んでもらうのは難しい。そこで、体験できる移動ショールームをつくって、ニーズのある場所にこちらから移動してしまおうと考えたのだという。

次ページ悲惨な事故をきっかけに
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。