中国FCV市場で日本企業が勝ち残る「3つの条件」

2019年は中国のFCV元年、トヨタも提携拡大

エンジン車並みの航続距離を有し、水素燃料の充填時間も短いFCVは、長距離走行性能の向上を課題とするEV商用車を補完できる駆動システムとして期待されている。走行ルートが決まったFCV商用車が一定台数で運営されれば、水素ステーションの採算も取れる見込みだ。中国ではFCVが2016年からバスや物流車(トラック)など商用車分野に導入され始めた。

しかし、関連政策や規制が不透明である中、水素ステーションの整備・運営コスト高は、FCV普及の現時点でのネックである。2018年末時点、中国には、FCVの保有台数が2749台、水素ステーションが25カ所にとどまり、FCV 販売台数は年間1527 台(2018年)に過ぎない。このままいくと、中国政府が掲げたFCVの普及目標には達成し難しい。

前中国科学技術大臣、「中国のEVシフトの父」と呼ばれる万鋼氏は、「人民日報」(共産党機関紙)で「2035年に向けて中国はFCV産業の育成を加速すべきだ」と強調し、EV一辺倒の政策転換を呼びかけている。今年7月2月、工業情報省の辛国斌次官が「NEV産業発展計画(2021-2035年)」の策定に向けて電気自動車(EV)に限らず、燃料電池車(FCV)を含む多様な技術路線を推進する方針を示した。

地場自動車大手と提携するトヨタ

トヨタは江蘇省常熟市の研究開発拠点に水素ステーションを設け、2017年10月からFCV「MIRAI(ミライ)」の実証実験を開始した。中国の李克強総理が昨年5月、北海道苫小牧市にあるトヨタ工場を視察し、トヨタのFCV技術を高く評価した。今年3月には、李総理が「博鰲(ボアオ)アジアフォーラム」で、トヨタの内山田会長にFCV分野で日本との協力を強化する意向を示した。

その後、トヨタは北汽福田汽車、中国一汽、金竜聯合汽車向けにFCV部品を供給すると発表し、地場自動車大手との提携を広げた。中国のFCV市場で日本企業の事業拡大を期待させるものではあるが、そこには期待と同時に3つの条件が浮かび上がる。

次ページ地方政府とリレーションを構築
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • コロナ後を生き抜く
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。