ディズニーが「パーク」に積極投資を続ける理由

マーベルやスター・ウォーズの新施設が次々

アナハイムのギャラクシーズ・エッジで驚かされるのは、その街並みだ。建物の雰囲気や傷み具合は、レジスタンス(反乱軍)がそばにいるかのよう。ディズニーでテーマパークを開発する専門家集団、イマジニアリングのカースティン・マケラ氏は「細部に徹底的にこだわった。何度来ても新しい発見があると思う」と胸を張る。

自分だけのドロイド(自律型ロボット)やライトセーバーを作ることができるショップ、輸送シャトルを改造したレストランなど、施設の1つ1つにストーリーがあり、全体で街を構成する。スマートフォンのアプリを使って、宇宙都市の情報をさらに知ることができたり、ロールプレイングを楽しんだりすることもできる。

アナハイムのディズニーランドにある「ミレニアム・ファルコン:スマグラーズ・ラン」(記者撮影)

アトラクションは、宇宙船を操縦する「ミレニアム・ファルコン:スマグラーズ・ラン」。5~6人がチームとなり、パイロット、狙撃者、技術者の3つの役割に分かれてファルコンを操縦、その操縦の仕方によってストーリーも変わる仕掛けだ。

さらにフロリダのハリウッド・スタジオには、ウォルト・ディズニーの誕生日である12月5日に、新アトラクション「スター・ウォーズ:ライズ・オブ・ザ・レジスタンス」がお目見えする(アナハイムには2020年1月17日に登場)。8人乗りのライドに乗って戦いに参加するストーリーだが、「最先端の技術を使った、いままでにないアトラクション」(チェイペック氏)という。

このスター・ウォーズのテーマエリアについて投資額などは公表されていないが、「間違いなく1000億円は下らない」(別の関係者)。本物志向、惜しみない投資という点で、最近のディズニーの象徴的な開発案件といえる。

テーマパークはディズニーの下支え役

ディズニーにとって、テーマパーク事業の存在感は大きい。2018年9月期はパーク&リゾート事業の営業利益が44.7億ドル(約4700億円)と、全社利益の約3割を占めた(現在はパーク&リゾートとコンシューマ・プロダクツを含む組織に変更)。ディズニーの収益の柱は、いまもケーブル放送やテレビなどのメディア事業だが、ネット化の流れの中で同事業は減益傾向が続いている。

「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」の街並み(記者撮影)

ディズニーは今後、全社を挙げて動画配信に打って出ようとしている。そうした中、安定的な業績を維持するテーマパーク事業は、ディズニー全体の下支え役になる。

映画やテレビでキャラクターを作り出し、それをテーマパーク、商品といった「リアル」の場で表現する。こうした一連のサイクルこそが、他のまねできないディズニー最大の強みだ。ディズニーにとって、テーマパークはゲストに体験を提供する重要なタッチポイントであり、「出口」でもある。

ここにきてマーベルやスター・ウォーズのアトラクションが増えているのは偶然ではない。これら2つのブランドが、ようやくディズニーならではのビジネスモデルに加わってきたということだろう。今後もディズニーパークは大きな変貌を遂げそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT