ディズニーが「パーク」に積極投資を続ける理由

マーベルやスター・ウォーズの新施設が次々

「D23エキスポ」で行われたディズニーパークのプレゼンテーション。最後はおなじみのキャラクターが勢ぞろいした(©Disney)

8月23~25日、アメリカ・カリフォルニア州のアナハイムで開かれたウォルト・ディズニーのファンイベント「D23エキスポ」。最大の目玉は動画配信「ディズニー+(プラス)」に関するプレゼンテーションだったが(8月27日配信「激変する動画配信、ディズニーが示した「本気」)、ほかに注目すべき発表があった。テーマパークに関するプレゼンテーションだ。

「今日はワクワクする発表ができることをうれしく思います。新しいストーリーによって、ゲストに特別な体験を提供します」。ディズニーでパーク、エクスペリエンス&プロダクツ事業を統括するボブ・チェイペック氏はそう語り、今後のディズニーパークの構想を次々と語った。

来年初に「アベンジャーズ・キャンパス」が登場

目立ったのは、ディズニー以外のブランドの充実ぶりだ。ディズニーは2006年、アニメーション制作会社のピクサーを買収。その後、2009年にアメコミのマーベル、2012年には『スター・ウォーズ』を展開するルーカスフイルムを傘下に収めた。今回の発表には、そのマーベル、スター・ウォーズに関連した新しいアトラクションが多い。

アベンジャーズ・キャンパスに登場するシミュレーター(記者撮影)

2020年初め、アナハイムの「ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー」に登場するのが、「アベンジャーズ・キャンパス」だ。アベンジャーズたちが、新しいヒーローをリクルートするために活動を始めるというストーリー。キャンパス内には、スパイダーマンをテーマにしたライドアトラクションや、アベンジャーズとともに冒険に出るアトラクションなどが整備される。

スター・ウォーズ関連では、アメリカのフロリダ州オーランドにあるウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート(WDW)に、新しい滞在型施設「スター・ウォーズ:ギャラクティック・スタークルーザー」が登場する。ゲストは2泊の冒険に出て、ライトセーバーの使い方を学んだり、おなじみのキャラクターと行動をともにしたりする。「すべてがスター・ウォーズという特別な体験になる」(チェイペック氏)。

次ページ世界で開発計画が目白押し
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
子どもの命を守る<br>続発する虐待死、その真因を探る

子どもをめぐる悲惨な事件が後を絶たない。親からの虐待、保育園事故、不慮の事故……。子どもの命の危険とその解消策を検証した。長時間労働が深刻な児童相談所の実態、低賃金・高賃金の保育園など保育士の処遇に関する独自調査も。