ディズニーが「パーク」に積極投資を続ける理由

マーベルやスター・ウォーズの新施設が次々

「D23エキスポ」で行われたディズニーパークのプレゼンテーション。最後はおなじみのキャラクターが勢ぞろいした(©Disney)

8月23~25日、アメリカ・カリフォルニア州のアナハイムで開かれたウォルト・ディズニーのファンイベント「D23エキスポ」。最大の目玉は動画配信「ディズニー+(プラス)」に関するプレゼンテーションだったが(8月27日配信「激変する動画配信、ディズニーが示した「本気」)、ほかに注目すべき発表があった。テーマパークに関するプレゼンテーションだ。

「今日はワクワクする発表ができることをうれしく思います。新しいストーリーによって、ゲストに特別な体験を提供します」。ディズニーでパーク、エクスペリエンス&プロダクツ事業を統括するボブ・チェイペック氏はそう語り、今後のディズニーパークの構想を次々と語った。

来年初に「アベンジャーズ・キャンパス」が登場

目立ったのは、ディズニー以外のブランドの充実ぶりだ。ディズニーは2006年、アニメーション制作会社のピクサーを買収。その後、2009年にアメコミのマーベル、2012年には『スター・ウォーズ』を展開するルーカスフイルムを傘下に収めた。今回の発表には、そのマーベル、スター・ウォーズに関連した新しいアトラクションが多い。

アベンジャーズ・キャンパスに登場するシミュレーター(記者撮影)

2020年初め、アナハイムの「ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー」に登場するのが、「アベンジャーズ・キャンパス」だ。アベンジャーズたちが、新しいヒーローをリクルートするために活動を始めるというストーリー。キャンパス内には、スパイダーマンをテーマにしたライドアトラクションや、アベンジャーズとともに冒険に出るアトラクションなどが整備される。

スター・ウォーズ関連では、アメリカのフロリダ州オーランドにあるウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート(WDW)に、新しい滞在型施設「スター・ウォーズ:ギャラクティック・スタークルーザー」が登場する。ゲストは2泊の冒険に出て、ライトセーバーの使い方を学んだり、おなじみのキャラクターと行動をともにしたりする。「すべてがスター・ウォーズという特別な体験になる」(チェイペック氏)。

次ページ世界で開発計画が目白押し
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT