ディズニーが「パーク」に積極投資を続ける理由

マーベルやスター・ウォーズの新施設が次々

「D23エキスポ」で行われたディズニーパークのプレゼンテーション。最後はおなじみのキャラクターが勢ぞろいした(©Disney)

8月23~25日、アメリカ・カリフォルニア州のアナハイムで開かれたウォルト・ディズニーのファンイベント「D23エキスポ」。最大の目玉は動画配信「ディズニー+(プラス)」に関するプレゼンテーションだったが(8月27日配信「激変する動画配信、ディズニーが示した「本気」)、ほかに注目すべき発表があった。テーマパークに関するプレゼンテーションだ。

「今日はワクワクする発表ができることをうれしく思います。新しいストーリーによって、ゲストに特別な体験を提供します」。ディズニーでパーク、エクスペリエンス&プロダクツ事業を統括するボブ・チェイペック氏はそう語り、今後のディズニーパークの構想を次々と語った。

来年初に「アベンジャーズ・キャンパス」が登場

目立ったのは、ディズニー以外のブランドの充実ぶりだ。ディズニーは2006年、アニメーション制作会社のピクサーを買収。その後、2009年にアメコミのマーベル、2012年には『スター・ウォーズ』を展開するルーカスフイルムを傘下に収めた。今回の発表には、そのマーベル、スター・ウォーズに関連した新しいアトラクションが多い。

アベンジャーズ・キャンパスに登場するシミュレーター(記者撮影)

2020年初め、アナハイムの「ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー」に登場するのが、「アベンジャーズ・キャンパス」だ。アベンジャーズたちが、新しいヒーローをリクルートするために活動を始めるというストーリー。キャンパス内には、スパイダーマンをテーマにしたライドアトラクションや、アベンジャーズとともに冒険に出るアトラクションなどが整備される。

スター・ウォーズ関連では、アメリカのフロリダ州オーランドにあるウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート(WDW)に、新しい滞在型施設「スター・ウォーズ:ギャラクティック・スタークルーザー」が登場する。ゲストは2泊の冒険に出て、ライトセーバーの使い方を学んだり、おなじみのキャラクターと行動をともにしたりする。「すべてがスター・ウォーズという特別な体験になる」(チェイペック氏)。

次ページ世界で開発計画が目白押し
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • コロナ後を生き抜く
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。