ディズニーが「パーク」に積極投資を続ける理由

マーベルやスター・ウォーズの新施設が次々

大きくコンセプトを変えるのが、同じWDW内にあるエプコットだ。エプコットは、創業者のウォルト・ディズニーが実験的未来都市として整備したことで知られる。現在は世界各国のパビリオンが並ぶワールド・ショーケースなど2つのエリアで構成されるが、今後は4つのエリアに整備され、それぞれに新しいアトラクションが導入される。

東京に関する言及はなし

ほかにパリ、上海、香港のディズニーパークに関する発表もあった。ただその中で、東京に関する言及はなかった。

東京では、運営するオリエンタルランドが、すでにディズニーランドの開発(2020年春開業、投資額750億円)とディズニーシーの拡張(2022年度開業、投資額2500億円)を決めている。が、こうした東京での投資計画がかすんでしまうほど、今回は多くの開発案件が発表された。

パークへの積極投資が目立つようになったのは、2015年にチェイペック氏が責任者になってからだ。翌年には上海ディズニーランドが開業、その後も毎年30億~40億ドル(3200億~4200億円)の投資を続けてきた。

メディアにパークの構想の一端を説明するボブ・チェイペック氏(記者撮影)

今回、大規模投資が発表されたエプコットについても、「ディズニーパークの中では認知度が劣っていた。逆に言えば、その分伸びしろがある。ボブらしい決断」と、ディズニーの関係者は言う。

「D23」の4日後。8月29日、フロリダ州オーランドのWDW内にある「ディズニー・ハリウッド・スタジオ」に、新しいテーマエリア「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」がオープンした。スター・ウォーズのテーマエリアは、アナハイムのディズニーランドに次いで2カ所め。東京ドーム1.2個分の広さに「バトゥー」という架空の宇宙都市が再現され、訪れたゲストは、スター・ウォーズの世界にたっぷりと浸ることができる。

次ページ施設1つ1つにストーリーがある
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT