現地ルポ、日立「イタリア鉄道工場」の最深部

設備や技術力は?日本庭園や食堂もすごい

日立が欧州鉄道ビジネスの拠点と位置づけるピストイア工場の内部。出荷直前の車両が各種チェックを行う検査棟の様子(筆者撮影)

鉄道車両製造分野において、独自の力で英国へ進出を果たした日立製作所が、業績不振で青息吐息だったイタリアの鉄道車両メーカーのアンサルドブレダと、子会社で信号システム大手のアンサルドSTSを買収したのは2015年11月のこと。それから3年半以上の時が経過した。

現在は日立製作所のイタリア現地法人となった、旧アンサルドブレダの日立レールS.p.Aによって、両社合併後に初めて世に送り出した新型車両「ロック」が、2019年6月14日より正式に営業運転へ投入されたことは、7月2日付記事(日立の新型列車、「デザインの本場」で通用する?)で既報のとおりだ。ロックとは、日本メーカーが製造する初の欧州大陸向け鉄道車両となった、イタリア鉄道の新型2階建て近郊型電車のことだ。

日立が欧州大陸市場の拠点と位置づけているのがイタリアのピストイア工場で、同工場は旧アンサルドブレダの時代から基幹工場として、同国南部のナポリ工場、レッジオ・カラブリア工場と共に操業を続けている。ロックも、主にこのピストイア工場で生産されている。

どんな設備が?現場を取材

イタリアの鉄道車両メーカーというと、日本人にとってはなじみのない未知なるものだが、日立グループの一員となった日立レールS.p.Aのピストイア工場は、いったいどのような設備や技術を誇るのか。ピストイア工場の製造現場を取材し、その深部に迫った。

日立イタリアCOOのジュゼッペ・マリノ氏(左)と、同社ピストイア工場副社長のロゼリオ・ファランガ氏(筆者撮影)

6月のある日、用意された専用車に乗ってピストイア工場に到着すると、広報担当のフランチェスカ・サルナターロ氏と、日立レールS.p.AのCOO(最高執行責任者)であるジュゼッペ・マリノ氏がにこやかに出迎えてくれた。

工場内見学を前に、マリノ氏から同社の概要についての説明があった。旧アンサルドブレダは2015年11月7日付記事(「日立が失敗続きの伊鉄道会社を買収したワケ」)で紹介したとおり、いずれも19世紀に設立されたアンサルドとブレダが2001年に合併して誕生し、現在は日立レールS.p.Aとなっている。

次ページ工場内には日本庭園と桜の木が
関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
かんぽ まさかの10月営業再開<br>日本郵政グループの不適切判断

日本郵便本社が発した「10月からかんぽ営業を段階的に再開」との緊急指示に、現場は大混乱。乗り換え勧奨禁止などの再発防止策、7月末に実施を発表した全件調査、特定事案調査にも大きな問題を残したままだ。拙速な営業再開の裏には何が。