日立の新型列車、「デザインの本場」で通用する?

日本とイタリアの技術者が協力して誕生

ピアチェンツァで発車を待つ、日立製新型電車「ロック」のボローニャ行き特別列車(筆者撮影)

2019年6月14日午前9時20分、イタリア北部の工業都市ピアチェンツァから、真新しい2階建ての近郊列車が静かに発車した。

招待された関係者を乗せた新型列車は、田園風景の広がるイタリア中部エミリア・ロマーニャ州の大地を快走、約1時間40分かけてボローニャ中央駅の1番線に到着。その停車したホームの対面には、やはりピカピカの新車だが、形のまったく異なる平屋の近郊列車が、アドリア海に面したリミニからほぼ同時に到着した。

2つの車両は、いずれもエミリア・ロマーニャ州を中心とした地域へ、全国に先駆けて導入された新型車両で、その引き渡し式が運行会社であるトレニタリアの主催で行われたのだ。

2階建て近郊列車の名前は「ロック(ROCK)」、もう一方の平屋の近郊列車は「ポップ(POP)」。昨年の国際鉄道見本市「イノトランス」のリポート(2018年10月26日付記事「日立vsアルストム『イタリア電車対決』の軍配」)で紹介した、いずれもトレニタリアの新型近郊用車両で、このうち2階建てのロックは、日立製作所のイタリア現地法人、日立レールS.p.Aが手がけた車両だ。

イベントは「期待」の表れ

実は、ロックは5月31日から営業運転に投入されている。当初、この車両引き渡し式は同日に予定されていたが、アルストムで製造していたポップの準備が間に合わず、イベントそのものが直前になって2週間延期された。ロックはやむなくそれに付き合わされ、イベントより先に営業運転が始まってしまったのだ。

ボローニャに到着したロック(左)とポップ(右)。両車とも、イタリアの次世代を担う近郊列車だ(筆者撮影)

会場となったボローニャ中央駅では、それぞれピアチェンツァとリミニという別の場所から発車した2つの車両を11時ちょうどに同時入線させる、という演出が行われた。列車が停車すると、プラットホーム上に設置されたひな壇の上で、トレニタリアのティツィアーノ・オネスティ社長を筆頭に、関係者のスピーチが始まった。

新型車両の引き渡し式というイベントはこれまでも行われてきたが、近郊列車でここまで大々的なイベントは珍しい。それだけこの2つの新型車両に対する期待の大きさが表れた形となったと言える。

次ページ日本メーカー製車両が欧州大陸を走る
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! 不動産<br>大荒れ市況を徹底分析

コロナショックが直撃したのは、ホテルや大都市に立地する商業施設です。一方、郊外の商業施設や物流施設は需要増に沸いています。分譲マンションやオフィスビルの先行きには不透明感が漂います。不動産業界における明と暗。その最前線に肉薄します。