韓国、ついに日本との軍事情報協定を破棄

両国の対立は安全保障の分野でも深刻に

 韓国が22日に日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄を決定したことを受け、ポンペオ米国務長官は「失望した」と語り、日韓両国が連携することの重要性を強調した。写真は韓国の康京和外相(右)と会談するポンペオ氏。6月30日、ソウルの韓国大統領府で撮影(2019年 ロイター/代表撮影)

[ソウル 22日 ロイター] - 韓国大統領府は22日、日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を破棄すると表明した。

韓国高官は、日本が輸出手続きを簡略化できる「ホワイト国」のリストから韓国を除外し、両国の安全保障協力環境に「大きな変化」をもたらしたと述べた。

今回の決定に先立ち、大統領府の国家安全保障会議(NSC)は数時間にわたる協議を行った。

協定の更新期限は今月24日で、日韓のどちらかが破棄を通告しない限り自動的に延長されることになっていた。

会見した大統領府のキム・ユグン(金有根)国家安保室第1次長は、日本政府が明確な証拠を提示せず、安全保障上の懸念を理由に、韓国をホワイト国のリストから除外したと発言。これにより、両国の安全保障協力環境に「大きな変化」が生じたとの認識を示した。

同次長は「このような状況では、安全保障上、敏感な軍事情報を交換する目的で調印した協定を維持することは国益にかなわないと判断した」とし、日本政府に対し期日までに正式な通知を行うと述べた。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • ブックス・レビュー
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産・西川社長辞任の衝撃<br>ルノーとの対立が再燃も

株価連動型報酬を不正に上乗せして受け取っていた西川社長が辞任を発表した。対ルノーの防波堤だった同氏の退場は、日産の独立性を揺るがしかねない。ゴーン時代の有力な後継者候補が去り人材難の日産。次期社長の人選が将来を決める。