「うつの人に頑張れはNG」と言い切れない理由

前向きな言葉が「回復」を促す場合も

3つめの症状が「身体的な症状」です。中でも、睡眠障害と食欲不振が目立ちます。睡眠障害は、寝つきが悪い(入眠障害)、眠りが浅い(熟眠障害)、深夜や早朝に目が覚めてしまう(早朝覚醒)などの組み合わせで表れます。

そのほか、食欲不振や、それに伴う全身のだるさも、多く見られます。ただし、一部のうつ病患者は過眠、過食を示すこともあります。

うつ病の人に「頑張れ」はNG?

巷では「うつ病の人に頑張れと言ってはいけない」とよくいわれています。これは正しいともいえるし、正しくないともいえます。うつ病の人に接するときのマニュアルのようにして「頑張れと言ってはいけない」と覚えている人が多いようですが、必ずしもそうとはいえません。

うつ病は、職場で最も多く見られる精神疾患です。また憂鬱さ、不安、不眠といった症状は、誰もが少なからず経験しています。そのため、一見わかりやすい病気であり、そのせいで素人判断の危険にもさらされています。

しかし、一口にうつ病といっても、その症状は多様です。日常生活に影響が少ない軽症なものもあれば、自殺のリスクが高かったり、食欲不振で栄養状態が悪化していたりと、入院が必要なほど重篤なものもあります。そうした状態に合わせたアドバイスやケアが必要となります。

症状が重いときは、頑張るよりも、休養と治療が先決です。「頑張れ」とは言わないほうがいいでしょう。実際、「頑張りたくても、頑張れない」のがうつ病です。本人が怠けているわけではありません。

ただでさえ、頑張れない自分を責めている状態にある患者を、「頑張れ」という言葉がさらに追い詰めることになります。同じように「元気出して」「病は気からと言うし、気の持ちようだよ」といった言葉も、不適切です。

しかし、軽いうつ病の場合は対応が異なります。治療を進め回復に向かっていく過程で、頑張らなければならないときも出てきます。ほぼ寛解した状態にある人はもちろんのことですが、その途中にある人も、目標を定めて頑張らないといけないことがあるのです。

次ページ「頑張らないといけない」とき
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頂上決戦!ユニクロvs. ZARA<br>ファストファッション新時代

「フォーエバー21」が経営破綻し「H&M」も販売不振。世界のアパレル市場をリードするのは、首位を独走する「ZARA」と、猛追する「ユニクロ」となった。両社に加え、新興勢力の「ワークマン」「デカトロン」も含めた勝ち残り合戦を追う。