ホンダが3Dデータ公開で狙う「世界拡散」

「もう一度、クルマに興味を持っていただきたい」

 自動車メーカーのホンダが、過去に発表したコンセプトカーの外観デザインの3Dデータを無償で公開した。コンセプトカーの3Dデータを一般に向けて公開するのは、世界でも初めての取り組みである。この企画に込められたホンダの狙いを広報担当者に聞いた。

ホンダは1月28日午前、同社が過去に発表したコンセプトカーの外観デザインの3Dデータを、特設ウェブサイト「Honda 3D Design Archives」で公開した。公開された3Dデータはサイトからダウンロードでき、3Dプリンタを使って出力することができる。コンセプトカーの3Dデータを一般に向けて公開するのは、世界の自動車業界でも初めての取り組みだ。

Honda 3D Design Archivesでは、「FUYA-JO(1999年発表)」「FSR Concept(1994年)」「KIWAMI(2003年)」「PUYO(2007年)」「NSX Concept(2013年)」の5種のデータが公開されている。即時にダウンロードするほか、マウスのドラッグ操作であらゆる角度から見て楽しむこともできる。全長、車幅、車高、ホイールベースの長さも記載されている。

この企画の背景には、ホンダの「お客様と同じモノづくり好きという目線で交流したい」(広報担当者)という思いがある。これまでは、クルマを売る側(ホンダ)と買う側(顧客)という関係性のうえで、テレビCMなど一方向的なコミュニケーションをしていたが、デジタルコミュニケーションの時代になり、それが変わりつつある。

「3Dプリンタを通じて、ホンダと同じ作り手になってもらえれば、同じ目線で交流ができる」(同担当者)。さらに、「クルマ離れと言われているが、こうしたことをきっかけに、もう一度クルマに興味を持っていただき、一緒にモノづくりを盛り上げていければ」と言う。

次ページサイトは英語のみ
関連記事
トピックボードAD
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「脱ファッション」が進む<br>渋谷の街の最前線

渋カジ、コギャルなど若者ファッションの聖地だった渋谷。ここが100年に1度の大規模再開発で、オフィスや飲食店が増えアパレル店舗が減少しているのだ。来年エンタメビルとして生まれ変わるSHIBUYA109など、変わりゆく街の今を追う。