ホンダ、新型コンパクトSUVで巻き返し

フィットの派生モデルで国内市場を攻略

新型フィットの派生モデルとして投入するコンパクトSUV。全世界でも販売を計画

ホンダが日本のSUV市場で巻き返しに打って出る。11月20日に開幕した東京モーターショーで、ホンダは新型コンパクトSUV「VEZEL(ヴェゼル)」を12月20日に発売すると発表。市販モデルの実車を公開した。

ヴェゼルは、9月に発売した新型フィットの派生モデルの1つ。1月の米デトロイトモーターショーでコンセプトカーが公表され、2013年末に発売とアナウンスされていた。排気量1.5リットル・ハイブリッド直噴エンジンと、排気量1.5リットル・直噴エンジンの2種類のエンジンに、それぞれ前輪駆動、4輪駆動の2つの駆動方式を組み合わせたモデルがラインナップされる。

手薄だったカテゴリーを強化

ホンダのSUVといえば、米国を中心に海外で人気を誇る「CR-V」があるが、日本市場ではサイズが大きくあまり売れていない。ホンダでは「ヴェゼルのサイズなら取り回しやすいうえ、小柄な女性でも扱いやすい。1台を家族で使うことが多い日本のクルマ環境に向いている」と見ている。

06年に「HR-V」の販売を終了して以降、コンパクトSUVはホンダのラインナップからは外れていた。久方ぶりの新型車投入ということで、「新たな市場を切り開く」(峯川尚専務)と、拡販にも力が入る。

フィット派生のコンパクトカーとしては、14年春にセダンも投入される予定だ。日本ではハイブリッド専用車となる。ヴェゼルとこのコンパクトセダンは順次、全世界でも販売される計画で、フィットと合わせて、16年度には合計150万台の販売を目指している。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • グローバルアイ
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT