ホンダが3Dデータ公開で狙う「世界拡散」

「もう一度、クルマに興味を持っていただきたい」

サイトは英語のみ、狙うは全世界での拡散

このサイトでもうひとつ特徴的なのは、言語が英語のみであること。従来の日本企業のコーポレートサイトでは、英語版を用意することはあっても、日本語版は欠かせないのが普通だろう。

「家庭用3Dプリンタが普及してきているのは、日本だけではありません。アメリカや中国の富裕層などでも普及が見られます。また、ソーシャルメディアでも拡散してほしいという狙いがあり、あえて英語のみにしました」(同担当者)。

ちなみに、今回の取り組みについて、ウェブサイトへの訪問者数など、定量的な目標は設けられていないそうだ。

サイトで公開されている「FUYA-JO」の3Dデータ

3Dデータを公開することにより、同社の思惑と異なる不本意な使われ方をするリスクについては、「初めての試みなので、社内の知的財産部などとも議論をした。今回は非営利目的に限ってダウンロード可能であり、『クリエイティブ・コモンズ4.0』という著作権基準に沿った形で使ってもらえれば」と言う。

今回の取り組みは、ホンダの「モノづくり」への姿勢や思想を社内外で展開する、新しいグローバル・ブランディング・プロジェクトの一環。ホンダの「モノづくりが好きな社員が集まっている」というブランドを伝え、他社との差別化を図ることを目的としたものだ。第1弾は、2013年11月に開かれた「東京モーターショー」のプレスカンファレンスにおけるオープニング映像として公開されたブランドCM「Super ultra daydreams」。今回が第2弾だった。

海外の自動車業界では、昨年、ポルシェが「ケイマンS」の3Dデータを無償で配布するキャンペーンを実施した(コンセプトカーではない)。また他業界では、アメリカのスミソニアン博物館が収蔵品の3Dデータを同じく無償で配布した。

企業による3Dプリンタを活用したコミュニケーションは増えてきている。今後は、出力して鑑賞するだけでなく、出力して具体的な用途で使える実用性のある3Dデータや、ユーザーが加工して楽しめる余地を残したカスタマイズ型の3Dデータの活用が予想される。

■特設ウェブサイトHonda 3D Design Archives

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT