アマゾンで「売れているビジネス書」ランキング

稲盛和夫氏の「心。」が初めて1位を獲得!

稲盛和夫の最新作が堂々1位に輝きました(画像:Fast&Slow/PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本記事でお届けするのは、7月28日~8月3日のランキングだ。

なお、「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍については「NEW」と記載、前週順位が1000位以下だった場合には「-」と記載している。

『心。』が初めての1位を獲得

今週(7月28日~8月3日)のランキングでは、前週6位の『心。』(稲盛和夫著、サンマーク出版)が1位に輝いた。プレジデントオンラインに記事が掲載され、注目が集まったという。

『心。』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

2位には初登場の『岩田さん 岩田聡はこんなことを話していた。』(ほぼ日刊イトイ新聞著、株式会社ほぼ日)がランクインした。発売日に注文が集まった模様だという。

3位には、前週1位だった『FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣』(ハンス・ロスリング著、日経BP)がランクインした。特別な要因はなく、安定して注文が集まっているという。

初登場でいきなり10位にランクインしたのが、『「中国大崩壊」入門 何が起きているのか? これからどうなるか? どう対応すべきか?』(渡邉哲也著、徳間書店)だ。アマゾンキャンペーンによって、注目が集まった模様だという。

次ページ以降、200位までのランキングを紹介する。「次に読む1冊」を探すための参考にしてほしい。

次ページまずは1位~50位!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。