アマゾンで「売れているビジネス書」ランキング

稲盛和夫氏の「心。」が初めて1位を獲得!

稲盛和夫の最新作が堂々1位に輝きました(画像:Fast&Slow/PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本記事でお届けするのは、7月28日~8月3日のランキングだ。

なお、「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍については「NEW」と記載、前週順位が1000位以下だった場合には「-」と記載している。

『心。』が初めての1位を獲得

今週(7月28日~8月3日)のランキングでは、前週6位の『心。』(稲盛和夫著、サンマーク出版)が1位に輝いた。プレジデントオンラインに記事が掲載され、注目が集まったという。

『心。』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

2位には初登場の『岩田さん 岩田聡はこんなことを話していた。』(ほぼ日刊イトイ新聞著、株式会社ほぼ日)がランクインした。発売日に注文が集まった模様だという。

3位には、前週1位だった『FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣』(ハンス・ロスリング著、日経BP)がランクインした。特別な要因はなく、安定して注文が集まっているという。

初登場でいきなり10位にランクインしたのが、『「中国大崩壊」入門 何が起きているのか? これからどうなるか? どう対応すべきか?』(渡邉哲也著、徳間書店)だ。アマゾンキャンペーンによって、注目が集まった模様だという。

次ページ以降、200位までのランキングを紹介する。「次に読む1冊」を探すための参考にしてほしい。

次ページまずは1位~50位!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT