トランプ大統領「中国が通商合意するまで課税」

3000億ドル相当の中国製品に10%の制裁関税

トランプ米大統領は1日、中国の習近平国家主席による通商合意への対応が鈍いと批判し、米国は合意に至るまで中国に「課税」すると言明した。北京で2月代表撮影(2019年 ロイター)

[ワシントン 1日 ロイター] - トランプ米大統領は1日、中国の習近平国家主席による通商合意への対応が鈍いと批判し、米国は合意に至るまで中国に「課税」すると言明した。

トランプ氏はしばしば対中関税を「中国が納める税金」と表現している。大統領は記者団に対し、関税率は段階的に引き上げられ、25%を超えることもあり得ると語った。

トランプ氏は同日、3000億ドル相当の中国製品に対し10%の制裁関税を課すと発表。9月1日に発動すると表明した。

大統領は、対中関税を巡る発表を受けて米国市場で株価が急落したことについて、懸念していないと語った。ダウ平均株価<.DJI>はこの日280ドル値下がりして取引を終えた。

また、中国は通貨人民元<CNY=CFXS>を切り下げているとの見方を示した。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 就職四季報プラスワン
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
老舗「レナウン」が経営破綻<br>アパレル淘汰・再編の序章

名門アパレルのレナウンが民事再生の手続きに入りました。親会社「山東如意」が再建に見切りをつけ、新たなスポンサー探しは難航が予想されます。ほかのアパレルも店舗閉鎖や売り場撤退が予定され、百貨店に多大な影響が出そうです。