アラフィフ夫のパート妻は150万以上稼ぐと吉

年収「103万」「130万」などの壁は取り払おう

主婦がパートに出る場合年収で「103万円」「106万円」「130万円」などの「壁」を超えないようにする。だが、いつまで主婦の優遇策が続くかは不明だ(写真:つむぎ/PIXTA)

私はファイナンシャルプランナーとして活動していますが、先日、「扶養」をテーマに行政主催の講座でお話をしました。講座の参加者はほぼ全員がアラフィフの主婦たち。彼女たちの最大の関心事は「損をしない働き方を知りたい」でしたが、夫たちはこんな妻たちの声を知っているでしょうか? パートやアルバイトで働く妻たちに共通する悩みは、「結局、自分はいくら稼いだらいいの?」に尽きるのです。

「妻の社会保険の壁」と「夫の配偶者控除の壁」

今の扶養制度では「103万円」「106万円」「130万円」「150万円」など「年収の壁」がいくつもあります。複雑すぎてよくわからないので、結局、「壁」の金額で最も少ない、妻が自分で税金を納める必要もない103万円以内で働いているというケースが少なくありません。しかし妻の年収が「壁」に収まれば損しないというわけではありません。なぜなら、税金、年金、健康保険、夫の会社の扶養手当など、それぞれ異なるルールがあるからです。

パートの「年収の壁」について整理すると、「103万円」の壁を超えると妻本人に税金がかかり、夫の会社からは家族手当が出なくなります。家族手当については会社によりルールが異なりますが、妻の年収103万円以下と定めているケースが多いです。「106万円」と「130万円」の壁を超えると妻自身が社会保険に加入することになります。夫の社会保険の扶養から外れるため、妻は健康保険と年金の保険料負担が発生します。

「106万円」と「130万円」の違いですが、一定規模以上の会社で働くと年収106万円以上で厚生年金・健康保険に加入することになり、上記の規模以外の会社で働いて年収130万円を超えると、自分で国民年金・国民健康保険に加入することになります。社会保険料を負担すると、手取り収入は約15%減ります。

そして、妻が「年収150万円」の壁を超えると、夫は配偶者控除を受けることができなくなります。夫の所得税が増えるわけです。ただし、夫の所得が一定の範囲内であれば、妻が「年収201万円」までなら、夫は配偶者特別控除を受けることができます。

次ページ「扶養を外れて働きたい」と、夫に迫った50代妻
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT