「大船渡・佐々木朗希」の終わった夏と194球の謎

今の高校野球の現状は「煮詰まっている」

しかし國保監督は、佐々木が右ひじに異状を訴えたこともあって、そこから思いを新たにし、以後は佐々木の未来も考えるようになった。そこで踏みとどまることができた國保監督の決断には、一定の評価はできると思う。

「球数制限」があれば苦渋のドラマは起きていない

端的に言えば100球までという「球数制限」が導入されていたならば、こんな苦渋のドラマは起こっていないのだ。佐々木朗希も、立田将太も、100球が来たらなんのわだかまりもなく降板する。それがルールなのだから。2番手投手は試合を壊すかもしれないが、勝負は水物だ。また異なるドラマに転がっていった可能性だってあったのだ。

佐々木だけが目立っているが、今夏の地方大会でも、金足農(秋田)の1年生、山形琉唯(233球)、高知高専(高知)・岩室響(234球)、高知東・島田龍二(188球)など、世界中のどのレベルの野球でもありえないような球数を投げる高校生がたくさん出ている。

投手の健康を優先しなければ、勝ち進んだときに連投でも平気で投げさせてしまうだろう。その結果として「球数制限」があれば防げた「投げすぎ」がいたるところで見られることになるのだ。

韓国や台湾などと比べても高校野球で「球数制限」を導入せず、投げ放題なのは、日本だけという事実もある。

高校野球は「煮詰まっている」。

「選手の未来」か「甲子園の伝統か」の二者択一で、対峙したまま動いていない。その間にも、つぶれる投手が出てくる。大人たちの「千日評定」の被害者は、高校球児なのだ。

(文中一部敬称略)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ソニーの高額年収、入社1年目からの徹底した「実力主義」
ソニーの高額年収、入社1年目からの徹底した「実力主義」
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
自分は不幸だと思う人は脳の使い方を知らない
自分は不幸だと思う人は脳の使い方を知らない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT