「同期入社で同じ年収」なのに年金額が違う理由

結婚年齢と妻の年齢で年金が「600万円」の差!

先の3人の同期のケースでは、結婚年齢と妻の年齢で年金額が異なりましたが、それだけでなく、世帯ごとの働き方、家族構成によって年金額は大きく違ってくるのです。

「こういう人って多いだろうな~」と思うのが、雑誌や本を読んで、自分が定年後に受け取る年金はこのくらいと思い込んでいて、現実に直面したとき、あまりの少なさに呆然自失するケースです。

私もときどき寄稿したり、インタビューを受けたりしているので、何とも心苦しいのですが、雑誌などはスペースの関係もあって、一人ひとりの事例を事細かに分けて書くわけにもいかず、どうしてもモデルケースですべてを語ってしまいがちです。

だから、雑誌や本に書かれている数字を鵜呑みにするわけにはいきません。あなたが定年になったとき、いくら受け取れるのかを自身で把握する必要があります。

自分の年金額を知るためには

自分の年金額を知るために何を見ればいいのかというと、毎年、誕生月に日本年金機構から郵送されてくる「ねんきん定期便」です。あなたが65歳になったとき、「老齢基礎年金」がいくらで、「老齢厚生年金」がいくらになるのかが記載されています。

その合計金額を12で割れば、1カ月の年金受給額になります。例えば、老齢基礎年金と老齢厚生年金の合計が200万円なら、これを12で割ると、1カ月の年金受給額は16万6666円になります。

公的年金は、老後の生活を支える柱になります。50歳になったら自分が65歳以降、どのくらいの公的年金が受け取れるのかを把握しておくことが、定年後のクオリティー・オブ・ライフを高めるきっかけにつながるはずです。

いまでは希少価値に近いモデルケースの年金額なんて信じないで、「ねんきん定期便」には必ず目を通して、自分の受け取れる年金額を把握したうえで、老後の資金計画をしっかり練りましょう。

今回は、男性の視点から年金の話をしましたが、次回は、夫と離婚した妻の年金はどうなる? 死別したときは?など、女性の視点から、得する年金、損する年金の話をしたいと思います。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当は怖い住宅購入
  • 財新
  • 就職四季報プラスワン
  • 占いのオモテとウラ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT