ヤフー、子会社アスクルとロハコで深刻な対立

8月株主総会で岩田社長の再任議案に反対票

 7月17日、ヤフーは、連結子会社アスクルが8月2日に開催を予定している定時株主総会で、岩田彰一郎社長の取締役再任議案に反対票を投じると発表した。写真は2009年8月都内で撮影(2019年 ロイター)

[東京 17日 ロイター] - ヤフー<4689.T>は17日、連結子会社アスクル<2678.T>が8月2日に開催を予定している定時株主総会で、岩田彰一郎社長の再任議案に反対票を投じると発表した。

アスクルの低迷する業績の早期回復と中長期的な企業価値の向上、株主利益の最大化を実現するためには経営の若返りを図る必要があると判断した。

関係者によると、ヤフーはアスクルに対し、個人向けインターネット通販「ロハコ事業」の譲渡などを求めていたが、アスクルがこれを拒否、両社の関係は悪化していた。

ロハコ事業は苦戦しており、2019年5月期は約92億円の赤字となっている。ヤフーはこれらの実績から「岩田社長の事業計画の立案力および事業計画の遂行力に疑問を抱くに至った」と説明している。

ヤフーはアスクルの約45%の議決権を保有する筆頭株主。

 

(志田義寧)

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 白馬通年リゾートへの道
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地盤沈下に抗う<br>国際金融都市・ロンドンの秘策

強気の姿勢を押し出すジョンソン氏が首相に就任し、「合意なきEU離脱」が現実に迫る金融街シティー。逆境下で推進するフィンテック、グリーンファイナンス、人民元ビジネスの戦略を現地ルポ。イングランド銀行副総裁のインタビューも。

  • 新刊
  • ランキング