ヤフー、子会社アスクルとロハコで深刻な対立

8月株主総会で岩田社長の再任議案に反対票

 7月17日、ヤフーは、連結子会社アスクルが8月2日に開催を予定している定時株主総会で、岩田彰一郎社長の取締役再任議案に反対票を投じると発表した。写真は2009年8月都内で撮影(2019年 ロイター)

[東京 17日 ロイター] - ヤフー<4689.T>は17日、連結子会社アスクル<2678.T>が8月2日に開催を予定している定時株主総会で、岩田彰一郎社長の再任議案に反対票を投じると発表した。

アスクルの低迷する業績の早期回復と中長期的な企業価値の向上、株主利益の最大化を実現するためには経営の若返りを図る必要があると判断した。

関係者によると、ヤフーはアスクルに対し、個人向けインターネット通販「ロハコ事業」の譲渡などを求めていたが、アスクルがこれを拒否、両社の関係は悪化していた。

ロハコ事業は苦戦しており、2019年5月期は約92億円の赤字となっている。ヤフーはこれらの実績から「岩田社長の事業計画の立案力および事業計画の遂行力に疑問を抱くに至った」と説明している。

ヤフーはアスクルの約45%の議決権を保有する筆頭株主。

 

(志田義寧)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT