小学校受験対策が机上の学習で終わらないワケ

子の出来や合否に囚われるのが目的じゃない

受験には当然ながら、机に向かって勉強するというイメージがついてまわる。しかし、それは中学、高校、大学受験の話だ。小学校受験の場合は、むしろ日々の生活のなかで得られる学びこそが最大の「受験対策」だということだ。

これは学歴以上の財産となりうるもの。小学校受験のための勉強は単に机上の学習だけで成り立つものではない。

「小学校受験をしない」という選択も

『小学校受験バイブル』と銘打っている以上、本書には「受験に勝つ子を育てる方法」「夏の制し方」「願書の書き方、面接対策」「試験本番に際しての心得」など、実践的な情報も多数盛り込まれている。

だが本書がなにより強調しているのは、あくまで「素直に育てること」、そして「親と子の絆」の重要性だ。その子の将来を決定づける最大の要因だともいえるそれらは、受験とあまり関係がないと思えるかもしれない。

しかし、なによりまず、人間としての基礎を子どもの幼少期に固めること。なぜなら、それこそが未来へつながっていくものだからだ。事実、著者はこうも言うのである。

この本は小学校受験を推奨している内容ではありますが、小学校受験は、一つの通過点であり、「小学校受験を選択しない」という選択もあります。また、やめてしまったからといって子どもの人生に大きく影響するかといったら、そうでもありません。(「おわりに」より)

『小学校受験バイブル 賢い子育てをするために』(あさ出版)書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

大切なのは、笑顔であふれる家庭で育つことだからである。

ましてや「1度受験をすると決めた以上、簡単に諦めてはいけない」とも限らない。

小学校受験をすることで子どもがストレスを抱えてしまい、家庭から笑い声が消えるのだとすれば、それは本末転倒だということ。

だから、もしそうなったのであれば、受験をやめてしまってもかまわないと著者は言う。それもまた、その家庭の出した最良の答えであり、子どもに対する愛情だからだ。

本来の目的を見失わないでください。
子どもの出来や合否に囚われず、もっと先の将来を見据えて、わが子が心から幸福だと思える人生とはどんな人生かを、もう一度よく考えてみてください。(「おわりに」より)

そのため、子どもをよく見て話を聞き、性格・長所・短所・どんなところを伸ばしていきたいか、などをじっくり考えてほしいと著者は記している。いわば、子どもにとっていちばんの幸せとはなんなのかを、しっかり見極めることが大切だというわけである。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
子どもの命を守る<br>続発する虐待死、その真因を探る

子どもをめぐる悲惨な事件が後を絶たない。親からの虐待、保育園事故、不慮の事故……。子どもの命の危険とその解消策を検証した。長時間労働が深刻な児童相談所の実態、低賃金・高賃金の保育園など保育士の処遇に関する独自調査も。