国際派社長が開拓する東南アジア美容品市場

オルビスアジアの「グローカル戦略」とは

ASEAN向けの新商品が大当たり

肝心の商品もローカルのニーズに合わせて作られている。

「コラーゲンドリンク12,000」

「コラーゲンドリンク12,000」は市場で最も多くのコラーゲンを含むドリンクとして、シンガポール向けに新たに開発された。これが「好調に売れている」(横山氏)。さらに忙しいキャリアウーマンにはダイエット用の「プチシェイク」が人気。こちらもピンクグァバ味やキャラメルパンプキンプリン味などが新たに開発され、一部の商品はすでに日本に逆輸入されている。

これまでは日本の商品を海外で売るのみであったが、「日本で知られているブランドだからとあぐらをかいていては勝てない」と横山氏が経営層を説得し、そのやり方を変えていった。

「プチシェイク」

コラーゲンドリンクやシェイクに対するASEANの女性からの人気について、横山氏は「外見の美しさだけでなく、内からの美に対する需要というものが彼女たちの中には古くからあり、残存している。食品で内から、化粧品で外から、ホリスティック(全体的)に女性を美しくしていけたら」と語る。

外資系ブランドがひしめき合うこの市場で、「もっともっと勝てる。間違いなく勝てる」(横山氏)。自身の戦略を認め受け入れてくれた自社グループの経営陣に深い感謝の念を示しつつ、国際派社長は自信に満ちあふれながら先を見据えている。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT