国際派社長が開拓する東南アジア美容品市場

オルビスアジアの「グローカル戦略」とは

シティ一等地と郊外の同時出店で認知度拡大

オルビスアジアの代表取締役社長を任されているのは、海外経験も豊かで、海外での実績も多数あるという横山隆氏。同氏によれば、出足好調の要因は2つ。ASEANの成長性、そして同氏の「グローカル戦略」だという。グローバルでありながら、ローカルの顧客の視点に立って商売をするとは、なにをすることなのか。

日本でオルビスは、インターネットの通信販売を主なチャネルとして活用してきた。しかしそれはオルビスというブランドが、26年かけて認知されてきたからこそできることだという。ASEANではまだ認知されていない。そこで、まずは顧客との接点を増やすために優位な場所に1店舗目をオープンさせた。

店舗があるのは、シンガポールのショッピングの中心地オーチャード。小売り大手の百貨店ロビンソンズの1階に店を構えた。横山氏いわく、日本から進出してきたばかりのオルビスがこの場所を取れたことは、業界でも反響は大きかったという。個人的な人脈があったのは大きかったが、オルビスというブランドを理解してもらうための啓蒙、出店の説得に時間を費やしたそうだ。

オーチャードにあるロビンソンズ1階の店舗

「顧客との接点として店舗からブランドを発信し、陸続きのASEANのほかの国にも認知を広げていく。ASEAN経済統合の流れも生かす」という(横山氏)。ちなみに、2店舗目をビシャンという郊外に構えたのは、中近東はじめ、周辺国への進出を見据えてのこと。中近東の人々やマレーシア人、インドネシア人などが多く住むエリアで成功することが、その足掛かりになると考えている。

ビシャンにある店舗で働く女性店員

また、シンガポールは熱帯雨林気候。オイルフリースキンケアブランドやUV関連商品は強い支持を得ている一方、一年中夏で季節感がないため、店舗の演出も飽きられてしまいやすい。そこで、「52週マーチャンダイジング戦略」と称して、毎週店舗を訪れても顧客がワクワクできるように、カフェテリアにあるようなショーケースを設けるなど、演出を施している。現地のブロガーに好評だという。

次ページASEAN向けの新商品が大当たり
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT