人を見抜く技術 20年間無敗、伝説の雀鬼の「人間観察力」 桜井章一著

人を見抜く技術 20年間無敗、伝説の雀鬼の「人間観察力」 桜井章一著

著者は1960年代前半、麻雀の裏プロの世界で「代打ち」として20年間負けなしの無敗伝説を誇り、「雀鬼」の異名をとった勝負師。現役引退後、道場を主宰し麻雀を通して若者の人間力を鍛えている著者は、切羽詰まった場面より何げない日常にその人の人間性が表れるという。

誰もが持つ癖はその人の真実を表し、肩から指先の動きは心理状況を如実に物語るなど、立ち居振る舞いから読み取れる人の心性や性格を説く。部分ではなく大局をとらえる「全体眼」の重要性、麻雀牌を捨てる行為に表れる人の美醜、本来の力を出すために意識を一点に集中しないようにする「ながら」生活の推進など、勝負の世界で培った独特の感性で「人間」を語る。

講談社+α新書 879円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
  • 「日本の外交」超入門
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。