チョコフレークが森永の「撤退」でも不滅の理由

1位の日清シスコは隆々たる地位を築いている

「味」にも時代を反映させ、2016年9月にはカカオ豆にこだわり、チョコレートをダブルブレンド(ガーナ、エクアドル産)にした。

2017年3月には、カカオ分の高いチョコレート人気を受け「ハイカカオチョコフレーク」(現在は終売)を販売。2018年には健康志向を踏まえて「おいしいスリム砂糖50%オフ」を、この夏は「チョコフレーク 牛乳をかけてもおいしいパッケージ」で、夏の楽しみ方を提案する。

「ロングセラーの時代にあったブラッシュアップは、私たちのマーケティングテーマのひとつです。お客さまの気持ちやニーズは速いスピードで変わっていく。環境と時代の変化に対応してニーズをキャッチして反映する。それによって商品が生き残ることを、1963年生まれのシスコーン、1965年生まれのココナッツサブレ、といったほぼ同世代のお菓子で体感しています。1968年生まれのチョコフレークもそのひとつです」(日清シスコ 森河さん)

ロングセラーだけに思い入れの強いファンの声もある。例えば「コーンフレークって箱でしょ」「トレイにのっててこそココナッツサブレでしょ」といった内容だ。しかし「ご意見を受けとめながらも、進化させるべき点を見極めるのが必要」と、森河さんは語る。

森永は技術を生かし新商品を開発

チョコレートメーカーとして、年間30品目を超えるチョコレート商品を扱う森永製菓は「近年はとくにカカオ感の強いチョコレートへの人気が高まっています。より支持される商品への注力を進める中、チョコフレークは役目を終えましたが、長年培った技術を駆使し、これからも時代や嗜好の変化に合わせたチョコレートを追求します」と話す。

日清シスコは「チョコフレークはこれからもなくなりません。お客さまからご好評をいただいておりますから、ご安心ください。ロングセラーブランドとして引き続き進化させ、新しい提案をこれからもしていきます」と、力強い。

1967年生まれのチョコフレークをめぐる状況には、時代の変化が表れている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 忘れえぬ「食い物の恨み」の話
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT