ヤフーのEC革命、お手本は中国のタオバオ

小売り・eコマースの未来像(3)

中国で「独身の日」に起きたこと

小野:ありがとうございます。(三越伊勢丹の)大西さんのほうでは商品のデータベースはぜんぶ統合して、インターネットに掲載する方向ですでに動いていると思います。そういった検索の機能的なものに関して、外部のネット企業と組んでいくことについてはどうですか。既存プレイヤーとの連携について教えてください。

大西:すごく私たちもハッとしたんです。結局、我々も、マーケティングという観点から、Aさんがどういう物を買って、どこでどういう物を買ったかは、情報としてはカードを通して取れるんですね。でも検索まで踏み込めていないので、本当の意味で、どういう行動でどういう背景でそれを買って、次にどうするかについて、まだ踏み込めていないのは事実です。これは、百貨店がこの業界ではるかに遅れてしまっていることとは別の次元で、少し考えさせられる部分がありました。

それから、百貨店のECそのものが勉強不足というか、今まで本当に手を入れてこなかったために、あまりにも全体の売上に占めるeコマースの比率が低い。当社でも1、2%くらいです。百貨店ECというコンテンツを広げて、インフラを整備して粛々とやっていけば、ある程度のところまでは、10%くらいまではいくと思うんですけれども。

それとは別の次元のところで、新しいビジネスモデルを創っていきたい。我々は後からの参入ですので、みなさんと同じ土俵で戦っても無理なので。そうではなくて、情報、メディア、あるいはSNSを中心としたコミュニティ作りによる集客といった形で、いろんなことを模索しながらやっているところです。我々の役割というものをどこかに見出していただければ、コラボレーションをどんどんやりたいなと思います。それと、グローバルという観点では、もう本当に、みなさんと一緒にやらせていただきたいと思っています。

小野:ネットの連携について伺ったのは、連携をしないと、なかなか既存のプレイヤーと戦っていけないかもしれないからです。ヤフーさんとしては、全部それを提供されていこうとしているわけですよね。ネットのトラッフィックの中の根っこを掴みにいく、ネットのコマースのショッピングのゲートウェイを取りにいく、みたいな話しですか。

川邊:はい。

小野:また違う視点の話にできればと思います。ご存知の方もいるかもしれませんが、11月11日、中国ではこの日はシングル・デイ、独身の日と呼ばれているらしく、なぜかECが一番盛り上がる日になっています。

2013年の11月11日は、1日だけで、350億元、日本円で約5600億円がTモールで売れています。Tモールは、タオバオグループのショッピングモールです。タオバオは基本的にC to Cのサービスですが、TモールはB to Cです。

この楽天さんやヤフーさんと同じようなショッピングモールで、お祭り的な動きが起きて、これだけの売上が出たのは非常に面白いなと。国をあげて、いわばバレンタインデーみたいなものが新たにできた感じですよね。この辺のテーマについて、今後の楽天さんの展開やヤフーさんの考えはどうでしょうか? ではまず、北川さんのほうから。

次ページ孫さんからのメッセージ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT