「やることが多すぎる上司」が結局ダメなワケ

「心配すぎて任せられない」ではダメ

多かれ少なかれ、“その業務”に精通していると、こだわりが生まれてしまい、よほどの理由がないと人に任せられなくなるものです。部下のスキル不足が原因で「任せられない」のではなく、自分がやったほうがベターだと思っているので「任せたくない」、これが本当のところなのです。

白状しますと、かつての私はそうでした。部下を信用していないわけではありませんでしたが、“その業務”に精通しているために、細かい点が気になるのです。企画書の色使いやフォントまで気になります。なので、自分で作成したほうが早いと考えてしまうのです。

部下の出番を奪っていないか

営業に同行したときもそうです。商談の肝がわかるので、つい上司の自分が商談までしてしまうこともありました。これでは、部下の出番を奪ってしまいます。部下には、自分の姿を見て同じようにやってくれればいい、と考えたりするわけですが、それはエゴでしかないのです。

リーダーに必要なことは、過去の「経験」でうまくやることではありません。必要なことは、未来に対する「投資」です。部下の育成も投資。あなたが、過去の「経験」を使ってうまくやっても何の投資にもなりません。部下に仕事を任せ、失敗してもいいので、経験をさせることこそが理想のリーダーなのです。

以前、会社員だったとき、新規事業の責任者に任命されたことがありました。しかし恥ずかしながらスタートダッシュが悪く、初年度は想定以上の赤字だったのです。すると本社から1通のメールで呼び出しがかかりました。「副社長が話を聞きたいとおっしゃっています」と。

真っ青になりました。私が言葉を間違えると、その事業が中止になってしまうかもしれなかったからです。直属の上司が副社長と距離の近い方でしたので、「話をつけてもらえないか」と助けを乞いました。上司同士で話をつけてくれたら、一瞬で決着するはずだったからです。

次ページ部下に任せるときに言うべきせりふ
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 最新の週刊東洋経済
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。