「不幸を招く」外れマンションの見分け方

「完璧な物件」など、どこにも存在しない

同じ建物でも「階数格差」があったり、マンション物件は「一点物」だ。失敗しない選び方とは?(写真:shimi/PIXTA)

「新築マンションは買った途端に2割も3割も値下がりする。それなら中古マンションのほうがお得」といわれることがあります。本当なのでしょうか? 少し考えてみたいと思います。

マンションの購入に当たっては、大きく2つのニーズが混在していることが多いです。1つは「広い部屋に住みたい」とか「充実した設備に囲まれて暮らしたい」などと、居住性や快適性を高めたいというニーズです。もう1つは、「賃貸暮らしで高い家賃を払い続けるより、買ったほうが総額は安く済むかもしれない」とか「値上がりするエリアかもしれない」といった金銭的合理性や資産性を期待するニーズです。

しかし、こうした2つのニーズは混在しやすい反面、「同時に満たす」のは簡単ではありません。

実需と投資のニーズを同時に満たすのは難しい

マンション購入のニーズについて、ちょっと専門的になりますが、もう少し掘り下げてみましょう。

不動産業界では、買い手が住むための物件は「実需物件」、賃貸などで収益を得るための物件は「投資物件」と区別されています。実需と投資で、検索用のポータルサイトも異なったりします。

実需物件を選ぶ場合、多くの人が広さや設備、ブランドなどを重視します。一方、投資物件を選ぶ場合は利回り重視で、家賃が高くなりそうな物件を安い価格で買えることを望みます。また、安定した家賃収入を得たいと考えれば、物件の広さよりも立地にこだわる必要があります。ここで問題は、立地と広さを兼ね備えた物件というのが一般に高価格であること。そのため、投資物件の買い手は、広さのほうを妥協して物件を選ぶことになりがちです。広さの妥協は居住性を譲ることでもあるため、実需と投資のニーズを同時に満たすことも簡単ではないということができます。

次ページ「半投半住」を重視して物件を探す方法とは
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。