ボルボが「交通死亡事故ゼロ」にこだわる理由

2021年モデルからは180km/hまでの速度制限

この180km/hの速度制限は、ボルボにとって4~5番目という大市場であるドイツ向けにも適用される。アウトバーンを有し、いまだ速度無制限区間も多いドイツでの販売に、この施策が少なくとも短期的には影響皆無というわけにはいかないだろう。しかしながら今の世の中の風潮からすれば、これは正しい方向性に違いない。

なお、ボルボは同じく2021年モデルから、最高速を任意で設定可能なケアキーの導入も発表している。これは車両を家族や子どもに貸し出すとき、さらにはカーシェアリングに提供するときなどに役立つことになる。

安全の価値が下がることはない

さらに2020年代初頭に発売される次期型プラットフォーム採用モデルからは、ドライバーモニタリングカメラも搭載すると、すでに発表済みである。運転中の携帯電話の使用などによる注意散漫、そして飲酒や薬物の使用などによる酩酊状態を認識すると、まずは警告を発し、反応がなければ車両が運転に介入。減速、アシスタンス・サービスへの通報、さらには自動的に停車させることまで行う。

結局のところパッシブ・アクティブの両面でセーフティ技術を向上させるだけでは、「Vision 2020」の達成は不可能だと、ボルボは悟ったのだ。

ドライバーの適切な行動が伴わなければ、事故ゼロは実現できないというわけだが、はたして自動車メーカーができるのは、どの範囲までの話なのだろうか。あるいは自動運転の時代まで、それは実現できないのだろうか。つねにクルマの安全性について考えてきたボルボの示すヴィジョンが、投げかけてくるものは大きい。

いずれにしても電動化、知能化など、クルマを取り巻く環境が目まぐるしいスピードで変化している中、安全の価値が下がることは今後もありえない。自動運転の時代にしても、結局は先進安全・運転支援機能の進化の積み上げの先にこそ来るものだけに、その追求はつまりブランドの未来に直接つながってくる。2020年に向けて、そしてそれ以降もボルボの歩みがペースを緩めることはなさそうである。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT