令和でも「虚礼」をやめられない人間の悲しい性

「年賀状」をやめた自営業者はどうなったか?

「マイルドセブン」は形を変えて残っているため、ほぼなくなったであろうものは「合否電報」と「アマチャヅル」(まだ一部売られてはいる)ぐらいだ。いくら無駄だと思っても、人間はなかなか虚礼や無用物から抜け出せないことがわかる。

平成時代に廃れていった「年賀状」

正直、誰もが無駄だと思っているのにやり続けるというのは苦痛である。そこから「一抜けた!」とばかりに抜けることで、よりラクな人生を送れるのではないか。

例えば、正月の年賀状。今でこそ書かないことは普通のことになっているが、私が年賀状をやめた2000年には、「なんで書かないの?」と言われるほか、「私はあなたに送ったのに、いただけなかったばかりか、返事も戻ってこなかったので、なんか損した気持ちになりました」なんて言われた。

さらにフリーランスになった2001年には、「フリーならば年賀状ぐらい出したほうが発注主の心証はいいし、新たな仕事につながりますよ」と助言されたこともあった。

そのときは「そうですね」と神妙な顔をして聞いていたが、年末の忙しい時期になると、書いている暇などなかった。そして当時、12月に入るとパソコンとプリンターを普及させたいメーカー各社が「年賀状作りに便利ですよ!」といったCMを大量に流していたことを記憶している。

最近ではそんなCMを見ることもなくなった。日本郵政だけは郵便はがきのCMをやっているが、もはや関連業界は年賀状に市場性を感じていないのだろう。

もはや年賀状、お中元、お歳暮の3大虚礼は保守的な地域や業界を除き、「やらなくてもいいもの」になりつつある。バレンタインデーにしても、出張土産にしても、かつてほどの盛り上がりはなく「虚礼」の代表格といえそうなものは、実はもはや虚礼ではなくなっているのではないだろうか。

次ページ令和時代には卒業したい「虚礼たち」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラの視点
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT