LGBTQ初、深夜番組ホストを務める女性の半生

バイセクシャル公言、フォロワーは1470万人

スターユーチューバーのリリー・シンさんは、なぜここまで人々を魅了するのだろうか?写真はイメージです(写真:jacoblund/iStock)
「スーパーウーマン」の愛称で知られるスターユーチューバー、リリー・シンが、今秋から全米ネットワーク放送の深夜番組で総合司会者をつとめることが発表され注目されている。

3月、ユーチューバーのインド系カナダ人、リリー・シンが人気トーク番組『トゥナイト・ショー』に出演して話題を呼んだ。NBCが今年9月から新たに『ア・リトル・レイト・ウイズ・リリー・シン(A Little Late with Lilly Singh) 』という深夜番組の放映を開始することになり、シンは全米4大ネットワークの深夜枠で唯一の女性司会者となる。彼女はバイセクシャルとしても知られており、女性初、LGBTQコミュニティの一員としても初の全米の深夜ホストの誕生に注目が集まっている。

1988年カナダ生まれのシンは、2010年にユーチューバーとして登場して以来、独自のお笑い要素の強いビデオ番組で注目を浴びてきた。米国以外にアジアでもインド、香港やシンガポールを中心に絶大なる支持を得ており、現在1470万人(2019年5月)のフォロワーを抱える人気者だ。

「クリエイティブでいたい」思いでユーチューバーに

シンがユーチューブへの投稿を始めたのは、心理学の学位取得を間近に控えた大学卒業直前だった。きっかけは自分がいかに「非クリエイティブか」を感じて悲しくなったからだったという。同時に卒業後の自分に不安を抱いていたが、ユーチューブの投稿を通じて「自分自身をハッピーな気分にしようとした」と米アントレプレナー誌の取材で語っている。

当記事は「ニューズウィーク日本版」(CCCメディアハウス)からの転載記事です。元記事はこちら

走り始めたシンの快進撃はあっという間だった。10年の間にユーチューブで人気を博すだけでなく、著書『How To Be A Bawse: A Guide to Conquering Life』がニューヨーク・タイムズ紙のベストセラーになり、ライブのワールドツアーも果たし、シンを取り上げたドキュメンタリー『A Trip to Unicorn Island』も制作された。

2017年にはフォーブス誌のインフルエンサーランキングで首位に輝いた。昨年パートナーと番組制作会社ユニコーン・アイランド。プロダクションを設立し、ユーチューブ以外にも全国ネットワークの番組プロデュースも手がけるようになった。

次ページファンから「スーパーウーマン」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT