LGBTQ初、深夜番組ホストを務める女性の半生

バイセクシャル公言、フォロワーは1470万人

スターユーチューバーのリリー・シンさんは、なぜここまで人々を魅了するのだろうか?写真はイメージです(写真:jacoblund/iStock)
「スーパーウーマン」の愛称で知られるスターユーチューバー、リリー・シンが、今秋から全米ネットワーク放送の深夜番組で総合司会者をつとめることが発表され注目されている。

3月、ユーチューバーのインド系カナダ人、リリー・シンが人気トーク番組『トゥナイト・ショー』に出演して話題を呼んだ。NBCが今年9月から新たに『ア・リトル・レイト・ウイズ・リリー・シン(A Little Late with Lilly Singh) 』という深夜番組の放映を開始することになり、シンは全米4大ネットワークの深夜枠で唯一の女性司会者となる。彼女はバイセクシャルとしても知られており、女性初、LGBTQコミュニティの一員としても初の全米の深夜ホストの誕生に注目が集まっている。

1988年カナダ生まれのシンは、2010年にユーチューバーとして登場して以来、独自のお笑い要素の強いビデオ番組で注目を浴びてきた。米国以外にアジアでもインド、香港やシンガポールを中心に絶大なる支持を得ており、現在1470万人(2019年5月)のフォロワーを抱える人気者だ。

「クリエイティブでいたい」思いでユーチューバーに

シンがユーチューブへの投稿を始めたのは、心理学の学位取得を間近に控えた大学卒業直前だった。きっかけは自分がいかに「非クリエイティブか」を感じて悲しくなったからだったという。同時に卒業後の自分に不安を抱いていたが、ユーチューブの投稿を通じて「自分自身をハッピーな気分にしようとした」と米アントレプレナー誌の取材で語っている。

当記事は「ニューズウィーク日本版」(CCCメディアハウス)からの転載記事です。元記事はこちら

走り始めたシンの快進撃はあっという間だった。10年の間にユーチューブで人気を博すだけでなく、著書『How To Be A Bawse: A Guide to Conquering Life』がニューヨーク・タイムズ紙のベストセラーになり、ライブのワールドツアーも果たし、シンを取り上げたドキュメンタリー『A Trip to Unicorn Island』も制作された。

2017年にはフォーブス誌のインフルエンサーランキングで首位に輝いた。昨年パートナーと番組制作会社ユニコーン・アイランド。プロダクションを設立し、ユーチューブ以外にも全国ネットワークの番組プロデュースも手がけるようになった。

次ページファンから「スーパーウーマン」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。