ANAが座席指定の「有料化」に踏み切った背景

主要航空会社の座席指定料金の実態を調査

そこで、日本に乗り入れている主要航空会社の国際線の座席指定とその課金はどのようになっているのかをまとめた(2019年5月中旬時点)。外資系航空会社の金額は日本発着路線を示している。追加料金は片道1区間に対して課される金額で、変動の可能性もある。

非常口前や機内前方席に特別な価格設定がある場合は、料金と[]内にサービス名を入れた。金額がない場合は区間などにより金額が異なるため記載していない。

また、前述したように公開されていなくても事実上マイレージ上級会員でないと座席指定できない座席が存在することもある。また、通常のエコノミークラスとあきらかにサービス内容などが異なるプレミアムエコノミークラスについては記していない。

路線によって金額や条件が異なるので、利用する際は改めて確認してほしい。

主要会社の一覧

日本航空
座席指定は無料。ただし非常口前などはマイレージの上級会員でないと指定できない。事前指定不可の運賃であっても、チェックイン時には原則指定可。
ユナイテッド航空
下記の座席指定は有料。マイレージの上級会員は会員資格に応じて無料。ベーシックエコノミー運賃では座席は自動的に割り当てられ、無料での変更は不可。
非常口前:[エコノミープラス]
機内前方:シートピッチが13cm広い[エコノミープラス]とほぼすべての窓側と通路側の[プリファードシート]
デルタ航空
下記座席の指定は有料。マイレージの上級会員は会員資格に応じて無料。ベーシックエコノミー運賃では座席は自動的に割り当てられ、無料での変更は不可。
非常口前:[デルタ・コンフォートプラス・プリファードシート]
機内前方:シートピッチが約10cm広い[デルタ・コンフォートプラス・プリファードシート]、ほぼすべての窓側と通路側の[プリファードシート]
アメリカン航空
下記座席の指定は有料。マイレージ上級会員は会員資格に応じて下記の座席指定が無料。
非常口前:シートピッチが約12cm広い[メインキャビン・エクストラ]
機内前方:シートピッチが約12cm広い[メインキャビン・エクストラ]、ほぼすべての窓側と通路側の[プリファードシート]
大韓航空
座席指定は無料。ただし、予約クラスN/Tの場合は不可。
アシアナ航空
前がパーティションの[足楽シート]の指定は3000円。
キャセイパシフィック航空
座席の事前指定(標準席)は8~43USドル。ただし、マイレージ上級会員は資格に応じて下記座席も無料。また、エコノミースーパーセーバー、エコノミーセーブ以外で予約の場合は無料。
非常口前:23~199USドル[エクストラ・レッグルーム]
チャイナエアライン
座席指定は無料。ただし、予約クラスN/L/G/X/Sは事前の指定不可。
タイ国際航空
座席指定は無料。ただし、予約クラスV/Wは機内前方とA380の2階席の指定不可。
シンガポール航空
下記の座席指定は有料。マイレージ上級会員は資格に応じて無料。予約クラスQ/N/V/Kはすべての座席指定が有料。
非常口前:[エクストラ・レッグルーム]
機内前方:[フォワードゾーンシート]
機内後方:[スタンダードシート]
マレーシア航空
下記の座席指定は有料。エンリッチプラチナ会員と予約クラスY/B/Hは無料。
非常口近く:40リンギット
機内前方:150リンギット(A330の[エクストラレッグルーム座席])
2階席:100リンギット(A380)
エミレーツ航空
下記の座席指定は有料。同社またはカンタス航空のマイレージの上級会員は資格に応じて無料もしくは割引。
非常口前:95USドル[エクストラ・レッグルーム・シート]
機内前方(1階):34USドル[プリファードシート]
機内後部など2人がけ(1階):54USドル[ツインシート]
カタール航空
座席指定は無料だが、選択できる座席が少ないことが多い。48時間前のオンラインチェックイン時には選択肢が増える。
次ページまとめると…
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT