職と給料を失う「定年Hanako」に居場所はあるか

Hanako世代を襲う「サラリーマンロス」の正体

そして、2つ目の大きな不安は、自分の存在意義や生きがいです。これは居場所に通ずる話ですが、サラリーマンをしていると正当な対価かどうかは別として自分の仕事に対して給与が支払われます。業績や評価によってはボーナスが上乗せされたり、昇進昇格で働きが会社から認められたりします。 30年以上、当たり前のように自分を認めてくれた会社という存在、そして、世の中への貢献の対価としてのお金が得られなくなるのはやはり不安です。

このあたり男性も同じだと思われるかもしれませんが、女性にはすでに自分の中で折り合いをつけ、自立して生きている「専業主婦」「パート主婦」という存在がいます。専業主婦の場合、自分で家事のレベルを決め、お金でなくても自分で達成感を得られるような生活の体制を物心両面で整えていると言えます。

働き続けてきた立場からすると、彼女たちの折り合いのつけ方や振る舞いは私にとってある意味お手本でもあり、それができていない自分にしばしば劣等感を感じることもあります。

退職日が近づき、ストレスで眠れない

働き続けてきた女性の場合、家事がある程度おろそかになっていても、それほど気にしないでいられたのは、会社あるいは給料で自分が評価される立場にあったことが大きいと思います。ふとそれに気づくと、職場を失うことで自分の心が従来どおりのバランスを保てるかどうかに自信がなくなり、定年後の時間の長さが心にのしかかってくるのです。そんなとき、それをどうやって解決するのか。私自身の実例をお話ししたいと思います。

私は70歳以降になったときの居場所づくりのために、45歳になる直前で思いきって会社を辞める決意をしました。ところが、退職予定日が近づくにつれて、夜中に何度も眼が覚めるなどストレス症状が出始めました。大きな環境の変化に耐えられるか不安だったのだと思います。

その対策としてとった行動が、家ではない場所で「自分の好きなこと」に触れる場を持つことでした。私は「料理」や「美味しいもの」が大好きなので、こだわりのあるパン屋さんで朝の数時間、販売のパートとして働くことにしたのです。

次ページ「夢中になれること」が心の支えになる
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT