リクシル、「取締役総入れ替え」でも深まる混迷

会社案と瀬戸案、株主はどちらを選ぶのか

中期経営計画を説明する山梨広一氏。取締役の退任を決めている(記者撮影)

ついに全面対決へーー。

LIXILグループは5月13日、2019年3月期決算と同時に、定時株主総会にかける会社側の取締役候補者を公表した(現状は社内取締役8人、社外取締役4人の計12人で構成されている)。

同社の指名委員会が提示したのは「全員総入れ替え」し、新たに8人の取締役候補を立てた上で、そのうち2人からは当人の承諾も得ていない、という衝撃的なものだった。

瀬戸氏の辞任以降、続く対立

LIXILグループでは、昨年秋にCEO(当時)の瀬戸欣哉氏が辞任したことをめぐって、ガバナンス上の手続きに問題がなかったか、対立が続いている。

海外の機関投資家らは3月20日、リクシルにはガバナンス上の問題があり、旧トステム創業家の潮田洋一郎氏と山梨広一氏を解任すべく臨時株主総会の招集を請求。4月5日には瀬戸氏が自身を含む8人を取締役に選任するように株主提案を行う考えを示した。

ところが、4月18日に欧州の建材会社ペルマスティリーザが巨額の赤字に陥ったことで「CEOだった瀬戸氏の任命責任をとる」と言う理由で潮田氏が辞任を表明。山梨広一氏も取締役を辞任すると明言したことから、後任の人事案に注目が集まっていた。

次ページ会社側は12人中9人交代の人事案
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT