リクシル、渦中の瀬戸氏が明かす対立の真因

「話せば潮田氏にわかってもらえる気がした」

LIXILグループの瀬戸欣哉・前社長兼CEOが、辞任の真相や創業家の潮田洋一郎氏との対立について語った(写真:今井康一)
住宅設備最大手、LIXILグループ(以下リクシル)がそのガバナンスのあり方をめぐって揺れている。
同社では2018年10月31日、社外から招聘した瀬⼾欣哉・社長兼CEOが辞任する人事を公表。後任には旧トステム創業家の潮⽥洋⼀郎氏が会長兼CEOに復帰し、社外取締役の山梨広一氏がCOOに就任した。
当時の会見で潮田氏は、瀬戸氏と経営方針をめぐる「認識の違いが最後まで埋まらなかった」と説明した。だが、瀬戸氏にとっては中期経営計画の初年度、しかも期中の辞任ということもあり、メディアや機関投資家は納得をせず、いらだちを募らせていた。
こうした状況を受けてリクシルは2月25日、外部の弁護士に依頼して行った調査の報告書要旨を公表。潮田氏が指名委員会に対して瀬戸氏が辞任する意向があるように説明したこと、瀬戸氏に対しては指名委員会の総意なので辞任するように促した事実を認定している(ただし、人事に関する取締役会の決議は有効とした)。
この報告書を受けて3月20日、海外系の機関投資家4社と、旧トステムと経営統合した旧INAX創業家の伊奈啓一郎氏らは、潮田氏と山梨氏の取締役解任を求めて臨時株主総会招集を要求。ガバナンスをめぐり、新旧経営陣と株主との間で異例の対立が続いている。(参照記事
4月5日には、それまで沈黙を守っていた瀬戸氏本人が緊急会見を開催し、自分自身を含む8人を新たな取締役に選任するように株主提案を行うと公表した。
渦中の瀬戸氏は何を思い、行動に打って出たのか。話を聞いた。

従業員から「辞めてほしくない」とメッセージ

――昨年の10月末にCEOを辞任する人事が発表された。今回、緊急会見を開催するまでの半年間、何をしていたのか?

会見でも話したが、(CEO辞任の)人事を受け入れたのはちょっと軽率だった。潮田氏がウソをついている可能性は考えなかった。賢い人であればゴタゴタを避けて、ほかの仕事を探すだろう。実際に誘ってくださる人もいたし、自分でも新しく会社を作ってもいいと考えた。

ただ、心残りだったのが従業員のこと。多くの人から「辞めてほしくない」というメッセージをもらった。それを読んでいるうちに、悪いことをしたなという思いが強くなった。機関投資家や株主、社内取締役の伊奈氏から「あなたは辞めるべきではなかった」と言われた。

ちゃんとしたプロセスで(執行役であるCEOを)辞めさせられたのならば、悔しくても次の道を選ぶ。ただ、正しくないプロセスでなされたことを肯定してしまうと、自分が従業員を裏切ることになってしまう。

次ページ辞任して、何が起きたかを再確認した
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。