若者代表は古市さんじゃない、オレたちだ!

新春U20対談 日本を変える10代(前編)

10代と団塊ジュニア世代は、妙に自信家

青木:世代論も最近、興味あるんだ。いま、オレら10代は「若者」ってくくられるわけだけど、若者のオピニオンリーダーとして、よく古市(憲寿)さんがメディアで話しているじゃん。でも、古市さんってもう28歳でしょ。20代後半の人の意見に、オレら同意できる部分もあるけど、違う部分もたくさんあるよね。

Tehu:あるあるある。NHKの「ニッポンのジレンマ」を見ていても、10代がいないんですよ。25歳以下がいない。

青木:だけど10代とか、少なくとも25歳以下の世代を語れるオピニオンリーダーがまだ現れていなくて、そこを若い世代として1つとなってしっかりくくっていくことが大事じゃないかな。

オレらは「ゆとり」の一言でくくられるけど、ゆとりの深い部分にもっといろいろあるよね。オレらの世代って、どういう世代だと思う?

「妙に自信家です」

Tehu:この世代はね、妙に自信家だね。

青木:そう! オレ、すごい感じるのが、団塊ジュニアっぽいんですよ。

Tehu:そう!30代後半。

青木:似てるよね。団塊ジュニアって自信家で、言いたいことを言って暴れたがるじゃん。右手こぶしを突き上げるようなタイプで、オレらと雰囲気がすごい似てる。

「右手こぶしを突き上げるタイプです」

Tehu:IT業界でいったら、堀江貴文、家入一真、ああいうぶっ飛んだ起業家が30代後半から40代前半の世代にかたまっていて、さらに猪子(寿之)、川田(十夢)、真鍋(大度)という、3大デジタルメディアクリエーターも30代後半。いま20代後半がいないんだよ。

青木:20代後半って、古市さんの話を聞いていると、社会や政治に関心がなくて、自分が幸せだったらいい、1日1日こなせればいい、みたいな幸福な世代だよね。

でも、オレら10代はぜんぜん違う。「なんかやってやろう」「なんか仕掛けてやろう」と思っている同世代のヤツ、多くない?

Tehu:多い。しかも、インターネットのおかげで出てくるのが早いんだ。17歳、18歳で出てくる人間は表に現れるから。そこが堀江さんたちの時代とは違う。

次ページ10代に発展途上国支援が異様に流行る理由
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT