米成人のSNS使用、ピンタレスト人気上昇

ソーシャル大手5社で、使用頻度が高いのは?

12月30日、米国のアダルト層はツイッターよりもリンクトインなどの使用頻度が高いのに対し、黒人やヤングアダルト層はソーシャルメディアとしてツイッターにより魅力を感じていることが分かった。写真はリンクトインのロゴ。カリフォルニア州で2月撮影(2013年 ロイター/Robert Galbraith)

[サンフランシスコ 30日 ロイター] -米国のアダルト層はツイッターよりも、ビジネス向けソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)の「リンクトイン」や画像投稿SNS「ピンタレスト」の使用頻度が高いのに対し、黒人やヤングアダルト層はソーシャルメディアとしてツイッターにより魅力を感じていることが分かった。

米調査機関ピュー・リサーチ・センターが30日発表した。

フェイスブック、インスタグラム、ツイッター、リンクトイン、ピンタレストの5つの大手ソーシャルメディアを使用している18歳以上の米国人1445人を対象とした調査によると、今年ピンタレストのユーザー数が急増。使用していると回答した割合は21%と、前年の15%から大幅に上昇した。これに対しリンクトインは22%、ツイッターは18%と前年比ほぼ横ばいだった。

黒人層は約29%がツイッターを使用していると回答しており、この数字は白人やヒスパニック層の16%を大きく上回っている。

ただ、定期的にアクセスしていると答えた人はピンタレストよりツイッターの方が多かった。毎日使用していると回答したのはツイッターが46%だったのに対し、ピンタレストは23%、リンクトインは13%にとどまった。

専門家によると、ツイッターはフェイスブックより直感的な理解が難しいため利用者離れにつながる可能性があり、ソーシャルメディアの主流としての成長が縮小しているという。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 財新
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新型肺炎の「致死率」<br>武漢だけ突出する理由

新型肺炎による死亡者は、湖北省、とくに武漢に集中しており、致死率は他の省を圧倒しています。この理由と背景は? 本誌デジタル版では、現地から果敢な報道を続ける中国「財新」特約の連載「疫病都市」を配信しています。